メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 保険・年金 > 国民年金 > 国民年金の給付について

国民年金の給付について

老齢基礎年金

 老齢基礎年金は、保険料を納めた期間(保険料免除期間などを含む)が25年以上で、65歳に達したとき受けられます。
 平成29年8月以降は保険料を納めた期間(保険料免除期間などを含む)が10年以上で、65歳に達したとき受けられます。

受給資格期間


国民年金の保険料を納めた期間
国民年金の保険料の免除を受けた期間
任意加入できる人が加入しなかった期間など
昭和36年4月以後の厚生年金保険(船員を含む)の被保険者期間、または共済組合の組合員期間
これらを合計した期間が25年(平成29年8月以降は10年)以上必要です。

老齢基礎年金の年金額(平成29年4月時点)


 年金額 779,300円(月額約64,941円)
老齢基礎年金の受給開始年齢は、65歳ですが、60歳以上65歳末満の間に繰り上げて、減額された年金を受けとることができます(生涯この率で支給されますのでご注意下さい)

障害基礎年金

 国民年金加入中にけがや病気で障害者になったときや、20歳以前にけがや病気で障害者になった場合に支給されます。

障害基礎年金の年金額(平成29年4月時点)


1級障害 974,125円
2級障害 779,300円

また、障害基礎年金の受給者によって生計が維持されている家庭で、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの子(障害者は20歳未満)があるときは、次の額が加算されます。

加算対象の子 加算額
1人目・2人目(1人につき) 各224,300円 月額 約18,691円
3人目以降(1人につき) 各 74,800円 月額 約6,233円

遺族基礎年金

 国民年金の加入中の死亡または、老齢基礎年金を受ける資格期間を満たした人が死亡したときに、その人によって生計を維持されていた子のある妻、または子に、子が18歳に達する日以後の最初の3月31日まで(1級・2級の障害のある場合は20歳に達するまで)支給されます。

遺族基礎年金の年金額(平成29年4月時点)


子のある妻に支給される年金額
子の数 年金額
1人のとき 1,003,600円
2人のとき 1,227,900円
3人のとき 1,302,700円
4人以上 3人のときの額に
1人につき74,800円を加算
子のみの場合に支給される年金額
子の数 年金額
1人のとき 779,300円
2人のとき 1,003,600円
3人のとき 1,078,400円
4人以上 3人のときの額に
1人につき74,800円を加算

第1号被保険者独自の給付

付加年金

 月額400円の付加保険料を納めることで、納めた月数×200円で計算した金額が老齢基礎年金に加算されます。
寡婦年金

 老齢基礎年金の資格を満たした夫が年金を受けないで死亡した場合に、10年以上婚姻関係にあった妻に、60歳から65歳までの間年金が支給されます。年金額は、夫が受給できた老齢基礎年金の4分の3の額です。
死亡一時金

 3年以上、国民年金の保険料を納めた人が、老齢基礎年金、障害基礎年金のいずれも受けないで死亡し、その遺族が遺族基礎年金を受けられない場合に支給されます。

保険料納付済み期間 金額
3年以上15年末満 120,000円
15年以上20年末満 145,000円
20年以上25年末満 170,000円
25年以上30年未満 220,000円
30年以上35年未満 270,000円
35年以上 320,000円

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 福祉部 保険年金課 保険年金担当(年金に関すること)
電話番号:0467-70-5618
ファクス番号:0467-70-5701
E-mail:su1425@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。