メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 事業者向け > まちづくり > 都市計画 > 用途地域

用途地域

都市計画区域内の土地を都市機能の維持管理、住環境の保全などの観点から、計画的に区分し目的に即した土地利用を誘導し促進するためのもので、次の13種類があります。
市では、そのうちの10種類を指定しています。なお、区域につきましては、都市計画図をご覧ください。

用途地域名 特徴
第一種低層住居専用地域 低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域
第二種低層住居専用地域 主として低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域
第一種中高層住居専用地域 中高層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域
第二種中高層住居専用地域 主として中高層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域
第一種住居地域 住居の環境を保護するため定める地域
第二種住居地域(市では定めていません) 主として住居の環境を保護するため定める地域
準住居地域 道路の沿道としての地域の特性にふさわしい業務の利便の増進を図りつつ、これと調和した住居の環境を保護するため定める地域
田園住居地域(市では定めていません) 農業の利便の増進を図りつつ、これと調和した低層住宅に係る良好な住居の環境を保護するため定める地域
近隣商業地域 近隣の住宅地の住民に対する日用品の供給を行うことを主たる内容とする商業その他の業務の利便を増進するため定める地域
商業地域(市では定めていません) 主として商業その他の業務の利便を増進するため定める地域
準工業地域 主として環境の悪化をもたらすおそれのない工業の利便を増進するため定める地域
工業地域 主として工業の利便を増進するため定める地域
工業専用地域 工業の利便を増進するため定める地域

      
本市の用途地域別指定状況
  
第一種低層住居専用地域 約130ヘクタール 12.6パーセント
第二種低層住居専用地域 約0.6ヘクタール 0.1パーセント
第一種中高層住居専用地域 約341ヘクタール 33.0パーセント
第二種中高層住居専用地域 約13ヘクタール 1.3パーセント
第一種住居地域 約183ヘクタール 17.7パーセント
第二種住居地域     ―      ― 
準住居地域 約33ヘクタール 3.2パーセント
田園住居地域     ―      ― 
近隣商業地域 約17ヘクタール 1.6パーセント
商業地域     ―      ― 
準工業地域 約94ヘクタール 9.1パーセント
工業地域 約77ヘクタール 7.4パーセント
工業専用地域 約145ヘクタール 14.0パーセント
合計 約1,034ヘクタール 100.0パーセント

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 都市部 都市計画課 計画調整・開発指導担当
電話番号:0467-70-5625
ファクス番号:0467-70-5703
E-mail:wm.705625@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。