メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 防犯・防災・交通安全・安全安心 > 防犯 > 振り込め詐欺、架空請求に注意!!

振り込め詐欺、架空請求に注意!!

振り込め詐欺、架空請求の被害者の大半は「高齢者」と「女性」です。
 犯人は、息子や弁護士、警察官を名乗り、すぐにお金を振り込ませようとしますが、お金を振り込む前に、次のことを心がけ、あわてず冷静に対応しましょう。

・携帯電話の番号が変わったと言われても、必ず前の番号にかける。
・家族や警察(電話046−261−0110)へ相談する。
・ATMへ行くよう指示されたら、100パーセント詐欺だと思う。

 最近は、警察官、銀行協会、市役所職員などを名乗って自宅を訪問し、銀行口座の暗証番号を聞き、キャッシュカードをだまし取ったり、還付金が発生したと伝え、ATMに行くように伝え、操作方法をその場で伝え、お金をだまし取る詐欺も発生しています。
 振り込め詐欺、架空請求の大半は、事前に電話連絡が来てから訪問します。不審に思ったら110番通報をしてください。

振り込め詐欺等について

1.代引き詐欺
 宅配業者を名乗る者から、代引きで商品を宅配し、代金を騙し取ろうとする。
2.不審な電話
 市役所をかたり、家族構成を聞いたり、「口座番号を確認したいので教えてください」などの不審な電話。
3.振り込め詐欺
 息子や孫を名乗り、今日中に現金が必要だと伝え、コンビニなどにあるATMへ行ってほしい、又は代理の者がお金を取りに行くので渡してほしいという電話。
4.還付金詐欺
 市役所の職員を名乗り、「医療費の払い戻しがある」「税の払い戻しがある」と伝え、コンビニなどにあるATMに行かせて、操作方法を聞きながら作業するという電話。

・自分や家族が注文した覚えのない商品の宅配は、受け取らないようにしましょう。

・息子や孫を名乗る電話を受け、電話番号が変わったと伝えられた時は、振り込め詐欺を疑い、必ず息子や孫と連絡を取り、確認をしましょう。

・市役所職員から、家族構成の確認、口座番号の確認、医療費や税の払い戻しがあると、電話で連絡することはありません。


不審な電話があった時は、家族や警察署に相談をし、振り込み詐欺に遭わないようにしましょう。
(大和警察署 046−261−0110(代表))

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 市民環境部 市民協働課 交通防犯担当
電話番号:0467-70-5687
ファクス番号:0467-70-5701
E-mail:wm.705687@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。