メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 計画・政策 > 厚木基地 > トピックス > 次期固定翼哨戒機P-1の配備について

次期固定翼哨戒機P-1の配備について

【次期固定翼哨戒機P-1の配備に関する国からの通知について】 

 平成22年2月15日南関東防衛局長から市に対し、海上自衛隊厚木航空基地における次期固定翼哨戒機(P-1)の配備に関する通知がありました。
 その内容は、「昭和56年度から厚木基地等に配備されている海上自衛隊の固定翼哨戒機(P-3C)は、機体の耐用命数が迫っており、順次後継機に更新していく必要性が生じている。防衛省では、平成23年度末から、厚木基地にP-3Cの後継機(P-1)を配備する計画で、これに伴い、P-1に関連する施設を平成22年度から整備する予定である。」というものです。
 これに対し笠間綾瀬市長は「超過密化した市街地に所在する厚木基地は、その運用により多種多様の問題を引き起こし、市民生活に与える被害は計り知れないことから、従前より、超過密地の中の基地は移転すべきであり、基地機能の整理、縮小を推進し、早期返還を求めているところである。今回のP-1配備計画は、こうした求めに反し、市民にとって新たな負担となるものであり、容認できるものではないことから、国に再考を求めてまいりたい。」とコメントを発表しました。

1 乗り入れまでの経過

 平成19年
 ・10月11日 南関東防衛局よりXP-1の性能評価のための厚木基地乗り入れの 通知文書を収受する。
 ・10月19日 議会全員協議会において報告する。
 ・11月15日 県知事、大和市長との連名で乗り入れに関する22項目の照会文書を南関東防衛局に提出する。
・11月19日 基地対策特別委員会において岐阜基地でのXP-1の視察を実施し離着陸時における騒音状況を体験する。市側から市長、新倉副市長ほか職員同行。
 ・12月3日 南関東防衛局より照会に対する回答書を収受する。
 ・12月11日 基地対策特別委員会において回答書について報告する。
 ・12月21日 議会全員協議会において回答書について報告する。

 平成20年
 ・2月21日  県、大和市と協議し、安全性と静粛性についての照会を南関東防衛局に行う。
 ・2月28日  南関東防衛局より照会に関する資料を収受する。
 ・3月14日  基地対策特別委員会において資料について報告する。
 ・4月4日  県知事、大和市長との連名で、乗り入れにあたっての要望書を南関東防衛局長に提出。
  (要望内容)・乗り入れに伴う飛行及び試運転は、性能評価に必要最低限なものに止めること。
          ・飛行の安全の確保に万全を期すこと。
          ・騒音軽減に最大限努力すること。
          ・その他、基地周辺住民の負担増加につながることのないようにすること。
 ・9月5日  午後3時ごろ、厚木基地への飛来を確認するとともに、着陸体勢のXP-1の騒音測定を行う。

2 騒音測定結果

 (1) 岐阜基地(岐阜県各務原市)
   ・測定日   平成19年11月19日
   ・測定場所  岐阜基地(滑走路から約300メートル地点)

種  別 XP-1 P-3C
離陸時(デシベル) 70.6 81.2
着陸時(デシベル) 72.0 78.8

(2) 厚木基地
   ・測定日   平成20年9月5日
   ・測定場所  厚木基地(基地フェンスから約100メートル地点)

種  別 XP-1 P-3C
着陸時
(デシベル)
85.9 90.5
  88.0

3 XP-1とP-3Cとの比較

種  別 XP-1 P-3C
全長(メートル) 38.0 35.6
全副(メートル) 35.4 30.4
全高(メートル) 12.1 10.3
総重量(トン) 79.7 56.0

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 市長室 基地対策課 基地対策担当
電話番号:0467-70-5604
ファクス番号:0467-70-5704
E-mail:wm.705604@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。