メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 計画・政策 > 厚木基地 > 厚木基地の概要 > 厚木基地の概要

厚木基地の概要

沿革

 厚木基地は、昭和16年に建設が開始され、本市の深谷、蓼川、本蓼川のほか、大和市の一部を含む約500haに及ぶ広大な敷地に相模野海軍航空隊が設置されました。
 その後、厚木海軍航空隊(厚木戦闘機隊と呼ばれる)や高座海軍工廠が設置され、帝都防衛の主要基地となりました。
 昭和20年8月15日に太平洋戦争が終結し、同月30日、連合国軍司令官ダグラス・マッカーサー元帥が到着し、日本における占領政策の第一歩がこの厚木基地から始められ、日本の新たな歴史が始まりました。
 昭和20年9月2日、本飛行場が正式に接収され米陸軍の管理下におかれました。
 その後、朝鮮戦争の勃発に伴い、米軍は極東地域における海軍航空基地の必要性から荒れ果てた滑走路や建物を修復し、昭和25年12月1日米海軍厚木航空基地を正式に発足させ、以来今日まで米海軍の主要な航空基地として使用されています。
 なお、昭和45年に米軍の海外基地再編計画が発表され、大きな居留部隊や飛行部隊が他の基地に移駐し、これに伴い飛行場管制権を含む飛行場施設の大部分が日本側に返還され、昭和46年7月1日米海軍は「米海軍厚木航空施設」に、また、海上自衛隊は「厚木航空基地」として、いわゆる日米共同使用の基地となりました。
 その後、昭和48年10月、米海軍第7艦隊所属空母ミッドウェーが横須賀を事実上母港化して以来、空母航空部隊の後方支援基地としての役割を担っており、平成3年9月に空母ミッドウェーから空母インディペンデンス、平成10年8月に空母キティ・ホーク、平成20年9月には、原子力空母ジョージ・ワシントンへ、そして平成27年10月に原子力空母ロナルド・レーガンへ交替していますが、厚木基地の役割には変化はなく、現在に至っています。

概要

 厚木基地には米海軍厚木航空施設司令部があり、米海軍航空部隊航空機の整備補給や支援業務を行っています。他にも太平洋艦隊に属する西太平洋艦隊航空司令部、第7艦隊空母ロナルド・レーガンの航空部隊である第5空母航空団等が駐留しています。
 また、米海軍と共同使用している海上自衛隊は航空集団司令部が置かれ、対潜哨戒機P−3Cを中心とする第4航空群司令部や第51航空隊、第61航空隊、航空管制隊等が配置されています。

(1)名称厚木海軍飛行場(FAC3083)
(2)所在地綾瀬市深谷、蓼川、本蓼川
大和市上草柳、下草柳、福田、本蓼川
海老名市東柏ケ谷
(3)面積約506.9ha
綾瀬市分:約395ha(行政面積の18%弱)
(4)主な施設滑走路(延長2,438m・幅45m・オーバーラン両端各300m)
管制塔・格納庫・兵舎・住宅・倉庫・事務所・体育館等

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 経営企画部 基地対策課 基地対策担当
電話番号:0467-70-5604
ファクス番号:0467-70-5704
E-mail:su1130@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。