メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 防犯・防災・交通安全・安全安心 > 防災 > 防災について > 防災行政用無線を活用した緊急情報の提供について

防災行政用無線を活用した緊急情報の提供について

市では、平成20年3月31日から、防災行政用無線(屋外子局・個別受信機)を活用して、全国瞬時警報システム(J−ALERT)により、国から受信した≪緊急情報≫を市民の皆様へお知らせします。

緊急情報の種類

伝達項目 伝達内容(放送文例)  ※3回繰り返す
緊急地震速報
(最大震度5弱以上の揺れが予測される場合)
《警報音》 
「大地震(おおじしん)です。 大地震です。」
東海地震予知情報 《チャイム》 
「ただいま、東海地震警戒宣言が発表されました。 テレビ・ラジオの情報に注意下さい。」
東海地震注意情報 《チャイム》
「ただいま、東海地震注意情報が発表されました。 テレビ・ラジオの情報に注意下さい。」
弾道ミサイル情報 《有事サイレン》
「ミサイル発射情報。ミサイル発射情報。 当地域に着弾する可能性があります。
 屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけて下さい。」
航空攻撃情報 《有事サイレン》
「航空攻撃情報。航空攻撃情報。 当地域に航空攻撃の可能性があります。
 屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけて下さい。」
ゲリラ・特殊部隊攻撃情報 《有事サイレン》
「ゲリラ攻撃情報。ゲリラ攻撃情報。 当地域にゲリラ攻撃の可能性があります。
 屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけて下さい。」
大規模テロ情報 《有事サイレン》
「大規模テロ情報。大規模テロ情報。 当地域にテロの危険がおよぶ可能性があります。
 屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけて下さい。」
火山情報(レベル5) 《チャイム》
「噴火警戒レベル5が発表されました。これは特別警報です。
テレビ、ラジオの情報に注意し、ただちに避難してください。」
 ※噴火警戒レベル5とは、居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が発生、あるいは切迫している状態のこと。
火山情報(レベル4) 《チャイム》
「噴火警戒レベル4が発表されました。これは特別警報です。
テレビ、ラジオの情報に注意し、避難の準備をしてください。」
 ※噴火警戒レベル4とは、居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が発生すると予想される(可能性が高まっている)こと。
火山情報(居住地域厳重警戒) 《チャイム》
「噴火情報、居住地域厳重警戒が発表されました。これは特別警報です。
テレビ、ラジオの情報に注意し、ただちに避難してください。」
気象情報 《チャイム》
「当地域に、大雨特別警報(気象の特別警報)が発表されました。
周囲の状況を見て、避難行動をとってください。」
※ 緊急地震速報の警報音及び弾道ミサイル等の有事サイレン音については、下記のLink先を参照してください。

  • 予め録音された内容が自動放送されるため、限定的な伝達内容になります。なお、詳しい内容が入り次第、防災行政用無線から避難などの対応について、随時お知らせします。

  • 緊急情報を見聞きした場合、身の安全を確認後、テレビ、ラジオなどによる情報収集も行ってください。

  • 国から受信した緊急情報は、昼夜時間を問わず防災行政用無線(屋外子局・個別受信機)から最大音量で放送されます。

  • 緊急地震速報は、見聞きしてから強い揺れが来るまでの時間が数秒から数十秒しかありません。

  • 地震の震源が近い場合、緊急地震速報が強い揺れに間に合わないことがあります。

  • 個別受信機は、危機管理課で貸し出しています。

  • 緊急情報を見聞きした時の対応例

    【屋内にいる場合】

    頭を保護し、丈夫な机の下などに隠れてください。
    あわてて外へ飛び出さないでください。

    【屋外にいる場合】

    ブロック塀の倒壊等に注意してください。
    看板や割れたガラスの落下に注意し、ビルのそばから離れてください。

    【自動車を運転している場合】

    あわててブレーキをかけないでください。
    ハザードランプを点灯し、揺れを感じたらゆっくり停止してください。


    《東海地震予知、注意情報を見聞きした時の行動例》

    屋内に避難し、テレビ、ラジオなどの情報に注意し、身の安全を確認してください。
    火の使用は自粛してください。
    非常持ち出し品の確認をしてください。


    《有事関連情報を見聞きした時の行動例》

    【屋内にいる場合】

    ドアや窓を全部閉めてください。
    ガス、水道、換気扇を止めてください。
    ドア、壁、窓ガラスから離れてください。

    【屋外にいる場合】

    近くの堅牢な建物や地下街など屋内に避難してください。

    【自動車を運転している場合】
    できる限り道路外の場所に車を止めてください。
    やむを得ず道路に置いて避難するときは、道路の左側端に沿ってキーを付けたまま駐車するなど、緊急通行車両の通行の妨害とならないようにしてください。

    このページに関する問い合わせ先

    綾瀬市役所 市長室 危機管理課 危機管理担当
    電話番号:0467-70-5641
    ファクス番号:0467-70-5701
    E-mail:wm.705641@city.ayase.kanagawa.jp

    綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

    ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
    このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
    よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

    市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。