メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 子ども > 子育て > 子育て > 小児医療費助成

小児医療費助成

制度の目的

 お子さんが病気やけがで医療機関を受診したときの医療費のうち、医療保険の自己負担分を市が助成することにより、子どもの健全な育成支援を図り、健康の増進に資することを目的としています。

※平成24年10月1日より医療証の交付対象が小学6年生修了までに拡大となりました。

対象

小学6年生修了前の児童の入院と通院

 

中学生の児童の入院



次の場合は助成の対象外になります。
※市の重度障害者医療費助成制度、ひとり親家庭等医療費助成制度等に該当する方、および生活保護を受けている方。
※食事代、保険診療以外の医療費、育成医療や小児特定疾患等の公費医療給付制度を受けられる医療費。

助成内容(小学6年生修了前の児童について)

 小学6年生修了前の児童を養育されている方で、医療証の交付申請手続きをされた方に市が医療証を交付します。
 医療機関にかかるときに保険証と一緒にこの医療証を提示すると、保険診療分の医療費がその場で無料になります。入院・通院ともに対象です。
 なお、医療証は神奈川県内でのみ使用できます(すべての医療機関とは限りません)。

(申請手続き)
 「小児医療費助成事業医療証交付申請書」に、記入及び押印の上、次の必要書類と一緒に提出してください(郵送可)。郵送で提出いただいた場合は、審査後、医療証を郵送いたします。

(必要書類)
 1 対象児童の保険証の写し
 2 所得課税証明書(転入された方のみ)
 2の所得課税証明書は前住所地の市区町村役場でお取りください。
 必要な所得課税証明書の年度は、お子さんの生年月日により異なりますのでお問い合わせください。ただし、児童手当の手続きで必要な年度について提出されている方は必要ありません。
※所得制限はありませんが、県の補助事業の関係で保護者の方の所得審査を行っています。

助成内容(中学生の児童について)

 医療機関にかかるときは保険証を提示の上、医療費をお支払いください。
 保険診療による入院の医療費の自己負担分を助成します。ただし、医療費が高額となり、高額療養費・家族療養費付加給付金の対象となる場合には、加入している健康保健組合からの給付を受けた後、市へ申請してください。
 申請受け付け後、審査をし、後日、口座に振り込みます。

(申請手続き)
 「小児医療費助成申請書」及び「請求書」に必要事項を記入及び押印の上、次の必要書類と一緒に提出してください(郵送可)。

(必要書類)
 1 受診時の領収書の原本
  (領収書は受診者氏名・保険点数・診療日(日数)・金額が記載されているもの。)
 2 対象児童の保険証の写し
 3 高額療養費・家族療養費付加給付金支給決定通知書(支給該当の場合は必要) 
 4 所得課税証明書(転入された方のみ)
 4の所得課税証明書は前住所地の市区町村役場でお取りください。
 必要な所得課税証明書の年度は、受診日により異なりますのでお問い合わせください。ただし、児童手当の手続きで必要な年度について提出されている方は必要ありません。
※所得制限はありませんが、県の補助事業の関係で保護者の方の所得審査を行っています。

小学6年生修了前の児童で医療証を使わずに医療費を支払った場合

 医療証の交付をされている方又は交付申請手続き中の方でも、次のような場合には医療証が使えません。いったん医療費を支払い、後日、申請してください。
 ただし、医療費が高額となり、高額療養費・家族療養費付加給付金の対象となる場合には、加入している健康保健組合からの給付を受けた後、市へ申請してください。
 申請受け付け後、審査をし、後日、口座に振り込みます。

  • 保険証や医療証を忘れた
  • 医療証の交付を受けるまでの間の受診分
  • 神奈川県外の医療機関を受診した
  • 他の公費医療給付制度の適用があるため医療機関で医療証が使えない場合の受診分 など

  • (申請手続き)
     「小児医療費助成申請書」及び「請求書」に必要事項を記入及び押印の上、次の必要書類と一緒に提出してください(郵送可)。

    (必要書類)
     1 受診時の領収書の原本
      (領収書は受診者氏名・保険点数・診療日(日数)・金額が記載されているもの。)
     2 対象児童の保険証の写し
     3 高額療養費・家族療養費付加給付金支給決定通知書(支給該当の場合は必要) 
     4 その他 

    住所や保険証などが変わる場合

    • 住所(市内・市外)、氏名等が変更になった場合は、発行されている医療証とあわせて「小児医療費助成事業申請事項変更(消滅)届」を記入及び押印の上、提出してください。
    • 加入している健康保険組合等が変更になった場合は、対象児童の新しい保険証の写しとあわせて「「小児医療費助成事業申請事項変更(消滅)届」を記入及び押印の上、提出してください。
    • 市の重度障害者医療費助成制度、ひとり親家庭等医療費助成制度に該当することになった、又は生活保護を受けることになった場合は、発行されている医療証とあわせて「小児医療費助成事業申請事項変更(消滅)届」を記入及び押印の上、提出してください。


    • 綾瀬市から転出される方へ
       小児医療費助成事業は、市区町村によって、対象児童の年齢など制度の内容が異なります。転入先の市区町村へ制度内容や手続きの方法、必要書類などを確認してください。

      事業実施について

      小児医療費助成事業は、厚木飛行場関連特定事業に関する特定防衛施設周辺整備調整交付金及び神奈川県小児医療費助成事業補助金を受けて実施しています。なお、この神奈川県の補助金の中には宝くじの収益金の一部が含まれています。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 市民こども部 子育て支援課 子育て支援担当
電話番号:0467-70-5664
ファクス番号:0467-70-5701
E-mail:su1325@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。