メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 計画・政策 > まち・ひと・しごと創生(人口ビジョン・総合戦略) > 「綾瀬市人口ビジョン」及び「綾瀬市まち・ひと・しごと創生総合戦略」について

「綾瀬市人口ビジョン」及び「綾瀬市まち・ひと・しごと創生総合戦略」について

 わが国の人口は2008年の1億2,808万人をピークに、その後は減少局面を迎えており、仮にこのまま人口減少が進むと、地域経済の縮小や働き手の不足など、将来の社会経済に大きな影響を及ぼすことが懸念されています。
 こうした人口減少問題に対応するために、平成26年11月に「まち・ひと・しごと創生法」が施行され、平成26年12月27日には、国の人口の現状と将来の展望を提示する「長期ビジョン」と、今後5年間の政府の施策の方向を示した「まち・ひと・しごと創生総合戦略」が策定され、都道府県と市町村においても、国の長期ビジョンや総合戦略を勘案して、当該地域の実情に応じた「地方人口ビジョン」と「地方版総合戦略」を策定することが努力義務とされています。
 こうしたことから、本市では、過去からの人口動向や、市民の結婚や出産、定住に関する意識・希望を把握、分
析し、2060年までの目指すべき将来の方向と人口の将来展望となる「地方人口ビジョン」と、次世代が、将来に希
望の持てる綾瀬市となるよう、人口減少社会に対応していくためのまちづくりや、結婚・出産・子育てへの切れ目
のない支援、新たな雇用創出などの施策を充実していくための「地方版総合戦略」を策定しました。

綾瀬市人口ビジョンについて

 国の研究機関による推計では、本市の総人口は2015年の83,000人をピークに減少が続き、2060年には62,000人と約2万人の減少が見込まれています。
これに対し、今後の若者の就労・結婚・出産に関する希望の実現や、社会移動について現状の水準を維持するための取り組みを通じて、2060年においても7万人の人口を維持することを想定し、本市の人口ビジョンにおける将来展望人口としています。

綾瀬市まち・ひと・しごと創生総合戦略について(平成27年度〜平成31年度)

〜産み育てやすく、住み続けたい・訪れてみたいまち あやせ を目指して〜

 今後急速な進行が見込まれる人口減少及び超高齢社会に対して、その克服や柔軟な対応を目指すとともに、地域経済の好循環モデル(産業振興、雇用創出、市税確保)を構築し、活力ある持続可能な都市として、将来の世代が希望の持てる綾瀬市の確立を目指し、4つの基本目標と施策の方向性及び具体的施策・事業を設定しています。


綾瀬市まち・ひと・しごと創生総合戦略の改訂について

 平成29年4月に総合戦略の改訂を行いました。
 改訂版の総合戦略につきましては、本ページ下部に添付しています。


綾瀬市まち・ひと・しごと創生総合戦略の効果検証について
 
 総合戦略では、各施策等の進捗状況と効果を客観的に検証できるようにするため、施策ごとに重要業績評価指標(KPI:Key Performance Indicator)を設定しています。
 KPIの効果検証に際しては、その妥当性・客観性を担保するため、行政の内部評価に加えて、外部有識者等で組織された「市まち・ひと・しごと創生総合戦略効果検証委員会」において達成度の評価を行い、改善の必要があれば見直しを行うといった、PDCAサイクルによるマネジメントを行っています。
 平成27年度に実施しました同検証委員会の結果につきましては、本ページ下部に添付している「平成28年度 総合戦略効果検証結果(平成27年度地方創生先行型交付金充当事業)」及び会議録をご覧ください。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 経営企画部 企画課 政策経営担当
電話番号:0467-70-5635
ファクス番号:0467-70-5701
E-mail:wm.705635@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。