メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 計画・政策 > 公共施設の見直し > 綾瀬市公共施設マネジメント基本方針の策定

綾瀬市公共施設マネジメント基本方針の策定

 本市の人口は、高度経済成長を背景に昭和40年代から急速に増加し、これに伴い、小・中学校や自治会館などのハコモノ系施設、道路や下水道などのインフラ系施設(公共施設)の整備に取り組んでまいりました。
 現在、これらの公共施設の多くは、建設から30年以上経過しており、安全面を最優先し、維持管理をおこなってまいりましたが、施設本体の老朽化も進行しております。
 すべての公共施設の建て替え等には、多額の費用が必要とされるため、今後の人口減少を見据え、まちづくりの原点に立ち返り、公共施設のあり方を見つめ直す必要があることから、「綾瀬市公共施設マネジメント基本方針」を策定いたしました。

1 目的

 市民ニーズ、社会環境の変化を踏まえ、公共施設の長寿命化、効率的な維持管理、コストの縮減、適正配置や総量削減を検討するとともに、将来負担の軽減を図る公共施設マネジメントを推進する。

2 位置付け

 国で策定されている「インフラ長寿命化基本計画」に基づき、地方公共団体で策定する必要がある行動計画(公共施設等総合管理計画)として策定

3 方針期間

 平成28年度から平成67年度まで(40年間)

4 対象範囲

 市有財産のうち、すべての公共施設及び当該施設に関連する土地も含め対象

5 基本方針における3つの柱

1 適正な維持管理の推進・財源確保
2 長寿命化の推進
3 総量の適正化・適正配置

6 主な実施方針

1 維持管理・修繕・更新等の実施方針
2 財源確保の実施方針
3 長寿命化の実施方針
4 統廃合、複合・集約化の実施方針
5 民間活力の活用 など

7 数値目標

 長寿命化によるコスト削減、平準化を図ることで、今後40年間の更新費用の10%削減
 施設の統廃合、機能の集約、複合化による適正配置を図ることで、今後40年間で総延床面積の23%削減

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 経営企画部 企画課 政策経営担当
電話番号:0467-70-5635
ファクス番号:0467-70-5701
E-mail:wm.705635@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。