メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 防犯・防災・交通安全・安全安心 > 交通安全 > 自転車はルールを守って安全運転

自転車はルールを守って安全運転

自転車安全利用五則

1 自転車は、車道が原則、歩道は例外
 道路交通法上、自転車は軽車両と位置付けられています。したがって、歩道と車道の区別のあるところは車道通行が原則です。
 ただし、例外として次のような場合は、自転車が歩道を通行できることになっています。
 (1)道路標識や道路標示で指定された場合
 (2)運転者が13歳未満の子ども、70歳以上の高齢者、身体の不自由な方の場合
 (3)車道や交通の状況からみてもやむを得ない場合
  
※自転車道が設けられている道路では、やむを得ない場合を除き、自転車道を通行しなければなりません。

2 車道は左側を通行
 自転車は道路の左端に寄って通行しなければなりません。
 右側通行は禁止されています。
 また、自転車が通行することができる路側帯は、道路の左側部分に設けられたものに限られ、歩行者の妨げとなる場合は通行できません。

3 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
 歩道を走行する場合は、すぐに停止できる速度で、歩行者の通行を妨げるときは一時停止しなければなりません。
 自転車のベルを鳴らして歩行者に道を空けさせたり、スピードを落とさずに歩行者を追い越したりするのはルール違反です。
 歩行者に配慮したやさしい運転を心がけましょう。

4 安全ルールを守る
・飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
  自転車も飲酒運転は禁止。
  6歳未満の子どもを乗せるなどの場合を除き、二人乗り禁止。
  「並進可」標識のある場所以外では、並進禁止。
・夜間はライトを点灯
  夜間は、前照灯及び尾灯(又は反射器材)をつける。
・交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
  信号を必ず守る。信号機のある場合は、その信号に従う。
  一時停止の標識を守り、狭い道から広い道に出るときは徐行。安全確認
  を忘れずに。

5 子どもはヘルメットを着用
・児童・幼児(13歳未満)の保護責任者は、児童・幼児に乗車用ヘルメットをかぶらせるようにしましょう。
・ヘルメットを選ぶ際は、実際に子どもにかぶらせて、子どもの頭のサイズに合ったものを選んでください。頭部を守るためには、ヘルメットを正しく着用することが重要です。眉毛のすぐ上まで深くかぶらせ、あごひもをしっかり締めましょう。子どもの安全を守るのは、保護者の責任です。

自転車運転者講習制度

 道路交通法が一部改正され、平成27年6月1日から自転車運転者講習制度がスタートしました。
 自転車運転中に講習の対象となる危険行為を繰り返すと、自転車運転者講習を受けることになります。(14歳以上の者)

◎講習の対象となる危険行為は
 信号無視、遮断踏切立入り、歩道通行時の通行方法違反、酒酔い運転など次の14類型の違反行為があります。
 ・信号無視【法第7条】
 ・通行禁止違反【法第8条第1項】
 ・歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)【法第9条】
 ・通行区分違反【法第17条第1項、第4項又は第6項】
 ・路側帯通行時の歩行者の通行妨害【法第17条の2第2項】
 ・遮断踏切立入り【法第33条第2項】
 ・交差点安全進行義務違反等【法第36条】
 ・交差点優先車妨害等【法第37条】
 ・環状交差点安全進行義務違反等【法第37条の2】
 ・指定場所一時不停止等【法第43条】
 ・歩道通行時の通行方法違反【法第63条の4第2項】
 ・制動装置(ブレーキ)不良自転車運転【法第63条の9第1項】
 ・酒酔い運転【法第65条第1項(法第117条の2第1号に規定するものに限る)】
 ・安全運転義務違反【法第70条】

◎自転車運転者が対象となる危険行為を3年以内に2回以上繰り返すと、講習受講を命令

ヘルメットの着用を

 児童・幼児(13歳未満)の保護責任者は、児童・幼児を自転車に乗車させるときは、自転車用ヘルメットをかぶらせるようにしましょう。
 警察庁の統計によると、自転車乗車中の交通事故による死者の損傷部位は、頭部が60.7%、胸部が11.9%、頸部が5.8%となっています。(平成27年中)
 自転車単独で転倒するなどの事故を起こした際にも、頭部を損傷する恐れがありますので、児童・幼児に限らず、自転車乗車時はヘルメットを着用するようにしましょう。

万一の事故に備えて自転車保険

 自転車は、自動車や自動二輪車と違って強制保険制度がないことから、交通事故を起こして相手にケガをさせてしまった場合、自分で全額賠償金を支払わなければなりません。
 最近の加害事故例では、被害の大きさにより数千万円の賠償額の支払いを命じられる判決も出ています。
 万一の事故に備えて損害賠償付きの保険に加入しましょう。
 ※自転車専用の保険のほかに、日常生活全般に備える保険や、自動車保険・
  火災保険の特約で付けられる保険、TSマークに付帯している保険など
  様々な自転車保険があります。

TSマーク

 TSマークとは、自転車安全整備店に勤務する自転車安全整備士が点検整備した、安全な自転車に貼るシールのことで、付帯している保険の補償内容によって赤色マークと青色マークがあります。保険だけ加入することはできず、点検整備することで安全が確認された自転車にしか貼ることはできません。
 付帯している保険の期間は1年間となっており、搭乗者本人の傷害補償と第三者に対する賠償責任補償があります。第三者に対する賠償責任補償は、相手の方が死亡したり、重度の後遺障害を負わせたことにより、法律上の損害賠償責任を負った場合、赤色は5000万円が限度、青色は1000万円が限度となっています。その他赤色には被害者見舞金という制度もあるとのことです。
 費用については、点検整備費用が店舗により異なりますので、詳細な料金や補償の内容につきましては、公益財団法人日本交通管理技術協会或いは、最寄りの自転車安全整備店にお問合せください。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 市民環境部 市民協働課 交通防犯担当
電話番号:0467-70-5687
ファクス番号:0467-70-5701
E-mail:wm.705687@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。