メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 健康・医療 > その他の健康医療情報 > 脳脊髄液減少症をご存知ですか

脳脊髄液減少症をご存知ですか

 注目され始めている病気に脳脊髄液減少症があります。外傷により脳脊髄を覆っている膜が損傷を受け、脳脊髄液が漏れ出すことにより頭痛、頚部痛、めまい、倦怠感、不眠、記憶障害など様々な症状を呈する疾患です。

 脳脊髄液は、脳や脊髄を衝撃から守ったり、栄養補給や不要物質除去の役目をもっています。「交通事故」「頭部外傷」「出産」「腰椎穿刺」などによって、脳脊髄液が減少することにより、頭痛・起立性頭痛が起こることが多い病気です。他にも頸部痛・めまい・耳鳴り・視力低下・倦怠感などさまざまな症状を引き起こします。原因不明である場合もあります。治療はベッドで安静にして十分な水分を摂取する「保存的治療」を行います。効果が出なければブラッドパッチ(血液が固まることを利用して穴をふさぐ方法)を行います。気になる症状がある方は、専門医に相談しましょう。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 健康こども部 健康づくり推進課 健康づくり担当
電話番号:0467-77-1133(直通)
ファクス番号:0467-77-1134
E-mail:wm.771133@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。