メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > わたしの提案・回答 > 蓼川3丁目地区への待遇について

蓼川3丁目地区への待遇について


提案内容



 蓼川自治会館前の道路に信号が一つもありません。
 相模大塚駅前より、基地正門前まで、かなりのスピードで走り抜ける車が多いです。
 住民が生活道路から出て来たくても、ゆずってくれる車はほとんど無く、歩行者さえも渡れるまで待ちます。
 蓼川3丁目の子ども達は必ずこの道路を横断しなければ学校に行けません。
 あと1年と少しでスマートインターチェンジが開通するようですが、通り抜けとして利用する車はかなり増え、状況はさらに悪化すると思います。
 綾瀬こばと幼稚園と北の台小学校の前の道路も道はばと交通量が合っておらず、通学、登園の子ども達と地域外の通り抜けの車で事故が起こらないかと心配です。
 どうか、開通に間に合うように早急な対応をよろしくお願い致します。
(平成28年9月収受)


市からの回答



 市道1号線(基地正門前から相模大塚駅方面、蓼川3−10−18まで)における信号機の設置につきましては、交通規制の実施判断を、神奈川県公安委員会で行うこととなっているため、大和警察署に要望内容をお伝えし、確認をお願いいたしました。
 その結果、歩道が道路片側だけのため、信号待ちをする歩行者の滞留場所が確保できないことにより、現状では、設置は難しいとのことでございました。
 市といたしましては、本件について、今後も要望を続けてまいりますが、現状では、車のドライバーに対しまして、歩行者の横断と速度抑制に関する注意喚起の看板を設置することで、事故の防止を図ってまいりたいと考えております。
 また、市道80号線(綾瀬こばと幼稚園・北の台小学校前の道路)につきましては、既に速度抑制と児童の注意喚起を促す看板を設置しておりますが、事故が起こらないか心配であるとのお声をいただきましたので、設置可能な電柱等があれば、看板のさらなる増設を検討してまいります。
 今後におきましても、市内における交通事故の発生を未然に防止するため、大和警察署をはじめとした関係団体との連携を図ってまいりますので、御理解と御協力のほどよろしくお願いします。
 
 「綾瀬こばと幼稚園」前の道路(市道80号線)につきましては、通学路区間の児童等の安全確保を図るため、歩道の整備を行っておりますが、現在のところ車道の拡幅整備計画はございません。
 また、(仮称)綾瀬スマートインターチェンジの開通に伴う交通対策につきましては、開通後の交通状況を確認し、必要に応じて関係機関と協議し、適切な対応を行ってまいりたいと考えております。
   
(平成28年10月回答、担当課:市民協働課、道路課)

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 市民環境部 市民課 広聴相談担当
電話番号:0467-70-5605
ファクス番号:0467-70-5701
E-mail:wm.705605@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。