メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > わたしの提案・回答 > 市政の無策について 3

市政の無策について 3


提案内容



 近隣各市の主要(中心的)医療機関と綾瀬市の対応について
(平成28年11月収受)


市からの回答



 神奈川県における病院等の整備につきましては、神奈川県保健医療計画に基づき、一般的な入院医療への対応や保健・医療・福祉の連携した総合的な取組みを行うために市区町村域を超えて設定された二次保健医療圏域ごとに病床を整備するための基準となる病床数が定められております。
 同計画により、県内は11の二次保健医療圏域に分けられており、本市は県央圏域に属し、同圏域は厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村の5市1町1村で構成されております。
 このため、県央圏域内で入院等を必要とする二次医療につきましては、各市町村内の病院のみで対応するのではなく、これらの7市町村内で広域的に対応することとされており、本年4月に開設された座間総合病院につきましても、県央圏域内の二次医療を担う病院の一つとして、管内の市町村や医師会、病院協会等で構成される保健医療福祉推進会議で協議のうえ、開設されたものとなっております。
 また、同計画で定められている県央圏域の基準病床数は、既に充足されている状況にあり、現在のところ、県央圏域内において、各構成市町村の意向による病院の新設や増床は困難となっています。
 一方、通院診療を担う市内の診療施設につきましては、市内に不足する診療科目の誘致等も積極的に行っており、今年度につきましては10月に耳鼻咽喉科クリニックが開院し、来年3月には人工透析を行う腎代謝内科クリニックが開院する予定となっております。
 今後におきましても、市民の皆様が安心して生活し、必要な医療に受診することのできるよう、地域医療体制の充実や広域連携の強化に努めてまいりますので、御理解いただけますようお願い申し上げます。             
   
(平成28年12月回答、担当課:保健医療センター)

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 市民環境部 市民課 広聴相談担当
電話番号:0467-70-5605
ファクス番号:0467-70-5701
E-mail:wm.705605@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。