メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 住まい > 住まい・建築 >  木造住宅耐震化補助事業

木造住宅耐震化補助事業

 大規模地震は、いつ起こるかわかりません。
 木造住宅の地震対策を市が支援します。

 平成7年1月に発生した阪神・淡路大震災では、家屋の倒壊や火災などにより、多くの方が亡くなりました。
 そこで、平成18年度から耐震性能が低い昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅について補助制度を設けました。
 この制度は、耐震診断から耐震改修までの一貫した補助制度で、市民の方が自ら所有し、お住まいになっている木造住宅が対象です。
 ご自宅の耐震性についてお気軽にご相談ください。
 なお、市から建物の耐震診断・耐震設計・耐震改修・耐震シェルター設置について、電話や訪問などによる個別の勧誘はしておりません。

1 補助事業の内容

 この事業は、耐震診断・耐震設計・耐震改修の一貫した補助制度です。

 ・耐震診断費補助 専門家がご自宅の耐震性能を診断する費用の一部を補助します。
 ・耐震設計費補助 専門家がご自宅の耐震性能を上げるための補強方法を設計する費用の一部を補助します。
 ・耐震改修費補助 補強設計に基づいたご自宅の補強工事する費用の一部を補助します。
 ・工事監理費補助 専門家がご自宅の補強工事が設計どおりに行われているか監理する費用の一部を補助します。
 ・耐震シェルター設置費補助 市長が別に定めた耐震シェルターを設置する費用の一部を補助します。

2 補助事業の流れ

 この事業は、それぞれの補助に申請が必要で、以下の流れになります。

  耐震診断費補助申請
        ↓
  耐震設計費補助申請
        ↓
  耐震改修費補助申請(工事監理費補助)

3 各補助事業の詳細

(1) 耐震診断費補助

1)耐震診断費補助申込み
 ・対象建築物:昭和56年5月31日以前に建築確認を受け、建築工事に着手した在来木造住宅(昭和56年6月1日以後に増築工事に着手し、当該工事に係る部分の延べ面積が既存部分の2分の1未満の木造住宅を含む)。
 ※耐震診断は市の名簿登載建築士事務所が行わなければなりません。
 ・対象者:建物を所有し、居住する方
 ・補助額:診断費用の3分の2以内で上限4万円
 ・必要書類:補助金交付申請書・建築確認通知書写し・市税納付状況調査同意書
2)補助金交付決定
 ・補助金交付申請をされた方に補助金の交付決定を行います。市から補助金の交付決定が届いてから耐震診断を行ってください。
3)耐震診断実施
 ・契約方法:綾瀬市木造住宅耐震診断建築士事務所名簿に登載されている業者と申請者が契約
 ・耐震診断方法:一般診断を行い、お住まいの住宅の総合評点を算出するための診断を行います。
  ※一般診断とは、「木造住宅の耐震診断と補強方法」(財団法人日本建築防災協会(昭和48年1月5日に財団法人日本特殊建築安全センターという名称で設立された法人をいう。)編集)に基づく診断方法
4)耐震診断完了
 ・必要書類:完了実績報告書・耐震診断結果報告書の写し・領収書の写し・請求書(市所定書式)

(2) 耐震設計費補助

1)耐震設計費補助申込み
 ・対象建築物:昭和56年5月31日以前に建築確認を受け、建築工事に着手した在来木造住宅(昭和56年6月1日以後に増築工事に着手し、当該工事に係る部分の延べ面積が既存部分の2分の1未満の木造住宅を含む)。
       :市の補助を受けた耐震診断(一般診断)の結果、総合評点が1.0未満の住宅
 ※耐震設計は市の名簿登載建築士事務所が行わなければなりません。
 ・対象者:建物を所有し、居住する方
 ・補助額:設計費用の3分の2以内で上限8万円
 ・必要書類:補助金交付申請書・建築確認通知書写し・市税納付状況調査同意書
2)補助金交付決定
 ・補助金交付申請をされた方に補助金の交付決定を行います。市から補助金の交付決定が届いてから耐震設計を行ってください。
3)耐震設計実施
 ・契約方法:綾瀬市木造住宅耐震診断建築士事務所名簿に登載されている業者と申請者が契約
 ・耐震設計方法:精密診断を行い、お住まいの住宅の総合評点が1.0以上になるようにするための設計を行います。
  ※精密診断とは、「木造住宅の耐震診断と補強方法」(財団法人日本建築防災協会(昭和48年1月5日に財団法人日本特殊建築安全センターという名称で設立された法人をいう。)編集)に基づく診断方法
4)耐震設計完了
 ・必要書類:完了実績報告書・耐震設計結果報告書の写し(補強前後の精密診断)・領収書の写し・設計図・概算見積書・請求書(市所定書式)

(3) 耐震改修費補助

1)耐震改修費補助申込み
 ・対象建築物:昭和56年5月31日以前に建築確認を受け、建築工事に着手した在来木造住宅(昭和56年6月1日以後に増築工事に着手し、当該工事に係る部分の延べ面積が既存部分の2分の1未満の木造住宅を含む)。
       :市の補助を受けた耐震診断(精密診断)の結果、総合評点が1.0未満の住宅
 ・対象者:建物を所有し、居住する方
 ・補助額:工事費用の3分の2以内で上限100万円
 ・必要書類:補助金交付申請書・設計図・建築確認通知書写し・工事見積書・監理見積書・市税納付状況調査同意書
 ※工事監理を専門家(市の名簿登載建築士事務所)と契約しない場合は、補助金の支払いができませんのでご注意ください。
2)補助金交付決定
 ・補助金交付申請をされた方に補助金の交付決定を行います。市から補助金の交付決定が届いてから耐震改修を行ってください。
3)耐震改修実施
 ・契約方法:工事業者と申請者が契約
 ・耐震改修方法:耐震設計に基づいたお住まいの住宅の工事を行います。
4)耐震改修完了
 ・必要書類:完了実績報告書・領収書の写し(委任払いの場合は、補助額を差引いた額)・工事写真・工事監理報告書の写し・請求書(市所定書式)
※工事写真が提出できない場合は、補助金の支払いができませんのでご注意ください。

(4) 工事監理費補助

1)工事監理費補助申込み
 ・対象建築物:昭和56年5月31日以前に建築確認を受け、建築工事に着手した在来木造住宅(昭和56年6月1日以後に増築工事に着手し、当該工事に係る部分の延べ面積が既存部分の2分の1未満の木造住宅を含む)。
 耐震改修費補助と一緒に行うことが必要です。
 ・対象者:建物を所有し、居住する方
 ・補助額:監理費用の3分の2以内で上限6万円
 ・必要書類:耐震改修費補助と同じ
2)補助金交付決定
 ・補助金交付申請をされた方に補助金の交付決定を行います。市から補助金の交付決定が届いてから工事監理を行ってください。
3)工事監理実施
 ・契約方法:市の名簿に登載されている建築士事務所と申請者が契約
4)工事監理完了
 ・必要書類:耐震改修費補助と同じ

(5) 耐震シェルター設置費補助

1)耐震シェルター設置費補助申込み
 ・対象建築物:昭和56年5月31日以前に建築確認を受け、建築工事に着手した在来木造住宅(昭和56年6月1日以後に増築工事に着手し、当該工事に係る部分の延べ面積が既存部分の2分の1未満の木造住宅を含む)。
       :市の補助を受けた耐震診断(一般診断)の結果、総合評点が1.0未満の住宅
 ・対象者:建物を所有し、居住する方で市長が別に定めた耐震シェルターを設置する方(耐震改修費補助を申請している方を除く)
 ・補助額:耐震シェルター設置費用の3分の2以内で上限18万円
 ・必要書類:補助金交付申請書・建築確認通知書写し・耐震シェルター設置見積書・市税納付状況調査同意書・設置予定場所の写真
2)補助金交付決定
 ・補助金交付申請をされた方に補助金の交付決定を行います。市から補助金の交付決定が届いてから耐震シェルター設置を行ってください。
3)耐震シェルター設置
 ・契約方法:工事業者と申請者が契約
4)耐震シェルター設置完了
 ・必要書類:完了実績報告書・領収書の写し・工事写真・請求書(市所定書式)
※工事写真が提出できない場合は、補助金の支払いができませんのでご注意ください。

4 委任払制度

綾瀬市木造住宅耐震化補助事業に係る耐震改修事業において、委任払い制度を導入しました。
この制度は、申請者が耐震改修工事にかかった費用を業者に支払う際に、かかった費用から補助金額を差し引いた残額を業者に支払い、補助金は市から直接業者に残りの改修事業工事費として支払います。(業者が申請者から委任を受け、補助金を市から受領することになります。)
今までのように申請者が耐震改修にかかった費用の全額を業者に支払う必要がなくなり、申請者の初期費用負担が軽減されることになります。
詳しくは、関連リンクの綾瀬市木造住宅耐震改修事業費委任払い制度のページか関連ファイルの綾瀬市木造住宅耐震改修事業費委任払い制度PDFファイルをご覧ください。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 都市部 建築課 開発指導担当
電話番号:0467-70-5632
ファクス番号:0467-70-5703
E-mail:wm.705632@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。