メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 防犯・防災・交通安全・安全安心 > 防災 > 災害発生時 > 弾道ミサイル落下時の行動について

弾道ミサイル落下時の行動について

 北朝鮮情勢が切迫する今、市としては、いかなる事態にも対応することができるよう緊張感をもって必要な対応に万全を期しているところです。
 北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する場合、弾道ミサイルは極めて短時間で日本に飛来することが予想されます。 仮に、北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合は、次の行動をとってください。

Jアラートによる情報伝達について

 Jアラート(全国瞬時警報システム)とは、弾道ミサイル情報、津波警報、緊急地震速報など、対処に時間的余裕のない事態に関する情報を国(内閣官房・気象庁から消防庁を経由)から送信し、市町村防災行政用無線(同報系)等を自動起動することにより、国から住民まで緊急情報を瞬時に伝達するシステムです。

◆弾道ミサイルが日本に飛来する可能性があると判断した場合に、まず、弾道ミサイルが発射された旨の情報を伝達し、避難を呼びかけます。 屋外にいる場合は、近くの頑丈な建物や地下(地下街や地下駅舎などの地下施設)に避難して下さい。

◆その後、弾道ミサイルが日本の領土・領海に落下する可能性があると判断した場合には、続報として直ちに避難することを呼びかけます。 屋外にいる場合には、直ちに近くの頑丈な建物や地下に避難してください。また、近くに適当な建物等がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守って下さい。 なお、屋内にいる場合には、できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動して下さい。

◆このほか、弾道ミサイルが日本の領土・領海に落下したと推定された場合や、日本の上空を通過した場合、日本まで飛来せず、領海外 の海域に落下した場合には、その旨を続報としてお知らせします。

※ 実際に鳴る警報音については、関連リンク(内閣官房 国民保護ポータルサイト)よりアクセスし、視聴してください。

避難の方法について

 防災行政用無線で避難指示等が流れた場合、落ち着いて、直ちに行動してください。

◆屋外にいる場合は、できる限り頑丈な建物に避難してください。

◆物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ってください。

◆屋内にいる場合は、窓から離れるか、窓のない部屋に移動してください。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 市長室 危機管理課 危機管理担当
電話番号:0467-70-5641
ファクス番号:0467-70-5701
E-mail:su2500@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。