メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 防犯・防災・交通安全・安全安心 > 防災 > 災害発生時 > 土のうの作成方法

土のうの作成方法

浸水害や土砂災害の発生時に、家屋への浸水等を防ぐために土のうが有効です。

土のうの作り方

手順1.土のう袋を用意します。
手順2.袋にスコップ5から7杯程度の土を入れます。
手順3.袋の端のひもを引いて、袋の口を絞ります。
手順4.引いて長くなったひもで、袋の口の周りを3から4回まわして締めます。
手順5.まわしたひもの内側を、ひもの先を下から上に通して締めると完成です。

その他の浸水防止策

・簡易水のう
家庭用のごみ袋を2から3重にして、その中に半分程度の水を入れて口をしっかり縛って作ります。

・簡易水のうと段ボール箱の併用
簡易水のうを段ボール箱に入れて連結して使用します。

・プランターとビニールシートによる方法
花などを植える土の入ったプランターをビニールシートで巻き込み、連結して出入り口などに並べて使用します。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 市長室 危機管理課 危機管理担当
電話番号:0467-70-5641
ファクス番号:0467-70-5701
E-mail:wm.705641@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。