メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 消防・救急 > 消防 > 火災の予防 > 平成29年の火災件数が増加

平成29年の火災件数が増加

平成29年の火災件数は33件(前年よりも12件増加)、そのうち建物火災が18件(前年より13件増加)発生しており、残念なことに火災による死者も2名発生しました。
特に冬の季節は火気を使用する機会が増えるうえ、空気が乾燥し火災が発生しやすい状況が続くことがあります。
火災はちょっとした不注意や不始末から発生していますので、普段から「火の用心」を心がけ「火災のない安全で安心したまちづくり」にご協力をお願いいたします。

火の用心7つのポイント

(1)家のまわりに燃えやすいものを置かない。

(2)寝タバコやタバコの投げ捨てをしない。

(3)台所で火を使用しているときは、その場を離れない。

(4)風の強いときは、たき火をしない。

(5)子どもには、マッチやライターで遊ばせない。

(6)電気器具は正しく使い、タコ足配線はしない。

(7)ストーブには、燃えやすいものを近づけない。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市消防本部 予防課 検査指導担当
電話番号:0467-76-2166
ファクス番号:0467-77-9200
E-mail:wm.702166@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。