メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 健康・医療 > その他の健康医療情報 > 熱中症に注意しましょう。

熱中症に注意しましょう。

感染予防による、マスクの着用や外出自粛により、熱中症のリスクが高まっています。

熱中症とは

高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節がうまく働かないことにより、体内に熱がこもり、筋肉痛や倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識障害などが起こります。
マスク着用時は体内に熱がこもりやすくなり、マスク内の温度が上がることで、喉の渇きに気づきづらくなる傾向にあります。また、外出自粛で運動不足になると、汗をかいて体温を下げる体の準備が十分にできないほか、水分をためる機能のある筋肉が減り、脱水状態になりやすいです。このような理由から例年に比べて熱中症のリスクが高まっています。

熱中症の予防には

「こまめな水分補給」と「暑さを避けること」が大切です。屋外で活動している時だけではなく、就寝中などの室内での発症もみられ、高齢者は、暑さやのどの渇き等の感覚機能が低下しているため、特に注意が必要です。
屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクを外しましょう。

暑さ対策

1.気温が高い日や湿度の高い日は、無理をせず、扇風機やエアコンを使った温度調節を行う。
2.遮光カーテン、すだれ、打ち水等で室温上昇対策を行う。
3.通気性、吸湿、速乾の衣類を着用する。
4.保冷剤、氷、冷たいタオルなどにより体を冷やす。
5.外出時は日傘や帽子を着用し、日陰を利用するなどしてこまめな休憩をとる。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 健康こども部 健康づくり推進課 健康づくり担当
電話番号:0467-77-1133(直通)
ファクス番号:0467-77-1134
E-mail:wm.771133@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。