メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 防犯・防災・交通安全・安全安心 > 防災 > 災害発生時 > 災害時におけるトイレの確保について

災害時におけるトイレの確保について

ひとたび、災害が発生すると、水洗トイレが機能しなくなることがあります。
万が一の災害に備えて、普段からご家庭で災害用トイレを備蓄するよう心がけましょう。

災害用トイレの種類

災害用トイレには、携帯トイレ、簡易トイレ、仮設トイレ、マンホールトイレなど、様々な種類がありますが、ここでは、ご家庭でも使用できる、比較的簡易な災害用トイレをご紹介します。いずれも、水なしで使用することができます。
※詳しい製品の情報は下記サイトよりご覧になれます。

(1)携帯トイレ

既存の洋式(和式)便器につけて使用する便袋タイプ。吸水シートや凝固剤で、水分を安定させます。比較的安価で、かつ少ないスペースで保管することができます。

(2)簡易トイレ(組み立て式)

ダンボール等でできた組み立て式の便器に便袋をつけて使用します。比較的安価で、かつ少ないスペースで保管できます。
組み立て式以外にも、小型で持ち運びができる製品もあります。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 市長室 危機管理課 危機管理担当
電話番号:0467-70-5641
ファクス番号:0467-70-5701
E-mail:wm.705641@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。