メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 健康・医療 > 不妊症・不育症 > 不育症・一般不妊症の治療費助成

不育症・一般不妊症の治療費助成

少子化対策の一環として、不育治療と一般不妊治療の治療費助成をしています。

綾瀬市不育治療費用助成

綾瀬市では、不育治療を行っている妊婦さんに対し、検査・治療費の一部助成を行っております。

<助成の対象となる治療>

 厚生労働省不育症研究班に属する医療機関と、これと同等の能力を有する医療機関で受けた、保険診療対象外の不育治療及び検査に要した費用の一部を助成します。
 ただし、不育症検査のみで治療を開始していない方、保険診療分の検査費や治療費、文書料、個室料、入院に伴う食事代などの治療に直接関係のない費用は対象外です。

<助成を受けることができる方>

1、法律上の夫婦であること。
2、医療機関で不育症と診断され、治療の必要があると認められた方。
3、検査・治療期間および申請時、綾瀬市民であること。
4、夫婦の前年(1から5月までの申請については前々年)の所得の合計額が730万円未満であること。
5、夫婦および世帯員に市税の滞納がないこと。
6、他の地方公共団体で助成を受けていないこと。
7、国民健康保険や社会保険など公的健康保険に加入していること。

<助成の期間と金額>

助成期間:医療機関の証明書を基に、不育治療を開始した日から出産(流産、死産を含む)に伴い、治療が終了するまでの期間に対する治療費を助成対象とします。
助成金額:不育治療に要した自己負担額(保険外対象費用)の2分の1で、上限30万円。(千円未満切捨てとなります)

<申請期間>

申請は、治療終了から1年以内に申請してください。

<申請方法>

申請書類をそろえて、綾瀬市健康づくり推進課(保健福祉プラザ内)へご申請ください。
【申請書類】
1、綾瀬市不育治療費助成金交付申請書(第1号様式)
2、不育治療受診等証明書(第2号様式)
3、不育治療に要した治療費の領収書(原本)および診療明細書、院外処方がある場合はその領収書(原本)
4、夫婦の住民税課税証明書(所得の確認書類)
5、夫婦の住民票または外国人登録原票記載事項証明書(住民であることと、婚姻状況の確認書類)
6、納税証明書
7、印鑑(認印で可)
8、申請者名義の振込先口座番号を確認できるもの(通帳など)
※4、5、6は、申請する前年度の1月1日綾瀬市に住所があり、住民基本台帳及び夫婦の所得状況、市税の納付状況を確認することに同意される場合は、省略することができます。

<支給方法>

助成が決定された場合は、申請者へ通知して、申請者名義の指定口座へ振り込みます。(振込みまでには1ヶ月程度かかります)

綾瀬市一般不妊治療費用助成

綾瀬市では、一般不妊治療を行っているご夫婦に対し、検査・治療費の一部助成を行っております。

<助成の対象となる治療>

 ご夫婦が医療機関で受けた、保険診療対象外の一般不妊治療(不妊検査、タイミング療法、薬物療法、人工授精など)に要した費用の一部を助成します。
 ただし、不妊検査のみで治療を開始していない方、保険診療分の一般不妊治療、特定不妊治療(体外受精・顕微授精)のための検査費や治療費、文書料、個室料、入院に伴う食事代などの治療に直接関係のない費用は対象外です。

<助成を受けることができる方>

1、法律上の夫婦であること。
2、婦人科、産婦人科、泌尿器科、皮膚泌尿器科を標榜する医療機関で不妊症と診断され、治療の必要があると認められた方。
3、検査・治療期間および申請の時点で綾瀬市民であること。
4、夫婦の前年(1から5月までの申請については前々年)の所得の合計額が730万円未満であること。
5、夫婦および世帯員に市税の滞納がないこと。
6、他の地方公共団体で助成を受けていないこと。
7、国民健康保険や社会保険など公的健康保険に加入していること。

<助成の期間と金額>

助成期間:医療機関の証明書を基に、治療期間から12ヶ月を経過するまでを1期とし、最長2期を助成対象とします。
助成金額:各期の一般不妊治療に要した自己負担額(保険外対象費用)の2分の1で、上限5万円。(千円未満切捨てとなります)


<申請期間>

 申請は、2月診療分から翌年1月末までの診療分について、診療期間終了後の3月末日までに行ってください。
なお、申請につきましては、事務手続きの都合のため3月10日頃までにお願い致します。
※医師の診断でやむを得ず中断した場合や治療が年度途中になった場合で、第1期目が12ヶ月に満たなかった残りの月数分以内で、5万円に満たなかった額がある場合は、助成期間を延長することができます。

<申請方法>

申請書類をそろえて、健康づくり推進課(保健福祉プラザ内)へご申請ください。
【申請書類】
1、綾瀬市一般不妊治療費助成申請書(第1号様式)
2、綾瀬市一般不妊治療費助成事業受診等証明書(第2号様式)
3、一般不妊治療に要した治療費の領収書(原本)および診療明細書、院外処方がある場合はその領収書(原本)
4、夫婦の住民税課税証明書(所得の確認書類)
5、夫婦の住民票または外国人登録原票記載事項証明書(住民であることと、婚姻状況の確認書類)
6、納税証明書
7、印鑑(認印で可)
8、申請者名義の振込先口座番号を確認できるもの(通帳など)
※4、5、6は、申請する前年度の1月1日綾瀬市に住所があり、住民基本台帳及び夫婦の所得状況、市税の納付状況を確認することに同意される場合は、省略することができます。

1、綾瀬市不育治療費助成申請書(第1号様式)
2、不育治療受診等証明書(第2号様式)
3、不育治療に要した治療費の領収書(原本)および診療明細書、院外処方がある場合はその領収書(原本)
4、夫婦の住民税課税証明書(所得の確認書類)
5、夫婦の住民票または外国人登録原票記載事項証明書(住民であることと、婚姻状況の確認書類)
6、納税証明書
7、印鑑(認印で可)
8、申請者名義の振込先口座番号を確認できるもの(通帳など)
※4、5、6は、申請する前年度の1月1日綾瀬市に住所があり、住民基本台帳及び夫婦の所得状況、市税の納付状況を確認することに同意される場合は、省略することができます。

<支給方法>

 助成が決定された場合は、申請者へ通知して、申請者名義の指定口座へ振り込みます。(振込みまでには1ヶ月程度かかります)

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 健康こども部 健康づくり推進課 健康づくり担当
電話番号:0467-77-1133(直通)
ファクス番号:0467-77-1134
E-mail:wm.771133@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。