メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 自然・動物・農業 > 動物・ペット > 猫の不妊・去勢手術費補助金交付制度

猫の不妊・去勢手術費補助金交付制度

市では、猫の不妊・去勢手術費補助金交付制度を実施しています。

対象 生後6か月以上の猫を飼育又は保護している市内在住の方及び自治会などの団体
対象頭数 飼い猫 1世帯又は1団体当たり年間2頭
野良猫 上限はありません
※ 特別な事情がない限り、不妊・去勢手術をしたことが分かる識別措置を講じることが条件となります
補助額 飼い猫 めす(不妊手術) 1頭 4,000円
おす(去勢手術) 1頭 3,000円
野良猫 めす(不妊手術) 1頭 5,000円
おす(去勢手術) 1頭 5,000円
※ 特別な事情がない限り、不妊・去勢手術をしたことが分かる識別措置を講じることが条件となります

申請の方法

動物病院で不妊・去勢手術を実施してください。
不妊・去勢手術をしたことがわかる識別措置を講じてください(野良猫の場合)。

手術が完了したら不妊・去勢手術をしたことがわかる領収書を発行してもらってください。

領収書の発行日から30日以内に次のものを持参し、健康づくり推進課に申請してください。
 ○不妊・去勢手術をしたことがわかる領収書
 ○印鑑
 ○口座情報のわかるもの
 ○個体が識別でき、不妊・去勢手術済みであることがわかる識別措置が確認できる写真(野良猫の場合)
 ※やむを得ず写真が用意できない場合は、野良猫の毛色・柄、性別、体格、綾瀬市内の保護した場所、手術実施日、耳カットの位
 置と形状を確認した上で来所してください。

補助金交付についての決定通知書が申請者様あてに郵送されます。
1か月前後で補助金が預金口座に振り込まれます。

識別措置の例

識別措置として不妊・去勢手術済みのしるしに、耳先をV字状(さくら耳)にカットするものが一般的です。
写真は耳部分だけではなく個体が分かるように撮影してください。

神奈川県の飼い主のいない猫対策活動補助金

神奈川県では県内に生息する飼い主のいない猫を避妊(不妊)又は去勢手術をした後に適正に管理できると認められる団体への活動補助金制度があります。詳しくは関連リンクをご覧ください。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 健康こども部 健康づくり推進課 医療予防担当
電話番号:0467-77-1133(直通)
ファクス番号:0467-77-1134
E-mail:wm.771133@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。