メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 広報・情報公開 > あやせネットニュース > あやせネットニュース(平成30年分) > 平成30年3月1日発信

平成30年3月1日発信

【掲載情報】
・綾瀬市市制施行40周年記念キャッチフレーズ決定 自然と優しさあふれる街、綾瀬
・綾瀬市葬儀生前契約支援事業を開始します
・自分の命は自分で守る
・ひよこサロンの「ひなまつり」が開催されました

綾瀬市市制施行40周年記念キャッチフレーズ決定 自然と優しさあふれる街、綾瀬

 11月1日に、綾瀬市が市制施行40周年を迎えるに当たり、キャッチフレーズを募集したところ、61作品の応募がありました。
 1月に投票を実施した結果、星野美幸さん(吉岡東在住)が応募した「自然と優しさあふれる街、綾瀬」に決定しました。
 決定したキャッチフレーズは、市制施行40周年記念事業に関する啓発物品、各種印刷物、綾瀬市ホームページなどに使用し、次の50周年に向けて歩み出す綾瀬市を積極的にPRしていきます。


 【秘書広報課 秘書担当 電話0467‐70‐5648】

綾瀬市葬儀生前契約支援事業を開始します

 3月1日から、綾瀬市葬儀生前契約支援事業を開始します。
 綾瀬市は、対象者から葬儀・納骨などの相談を受け付け、協力葬祭事業者(事業者)などの情報を提供します。対象者が事業者と生前契約をした後、綾瀬市は支援プランを作成します。綾瀬市と事業者は対象者の情報を管理し、綾瀬市は支援プランにしたがって、定期的に安否確認を行うほか、対象者が亡くなった際には、綾瀬市が対象者の希望する知人などへ連絡します。支援プランには、協力葬祭事業者名、納骨場所、死亡届出人名(予定)、安否確認の内容と死亡後の連絡人名が記載されます。
 綾瀬市内在住で65歳以上の単身世帯か高齢者のみの世帯の方で、身寄りがない方が対象ですが、収入や預貯金などの要件もあるため、相談してください。対象要件を満たさない方へは、悩みに合わせた相談窓口の情報を提供します。相談は、福祉総務課生活援護担当窓口で行います。

 ※綾瀬市から補助金を支給する事業ではありません


 【福祉総務課 生活援護担当 電話0467‐70‐5624】

自分の命は自分で守る

 2月23日、綾瀬中学校体育館で、あやせ災害ボランティアネットワークと綾瀬市の協働事業の防災講座が行われました。
 中学3年生173人が、災害時に「自分の命を自分で守る」方法を学びました。綾瀬市防災アドバイザーの国崎信江さんの講演の後、体験学習が行われ、着衣消火や新聞紙を使ったスリッパ作りをしたほか、卵の殻をガラスの代わりにしてその上を素足で歩いていました。全員が、真剣な様子で取り組んでいました。


 【高橋元 広報まちかど特派員】

ひよこサロンの「ひなまつり」が開催されました

 2月22日、早園地区センターで、公民館講座の子育てサロンひよこサロンの「ひなまつり」が開催され、11組の親子が参加しました。
 子どもたちは、自由遊びや手遊び、お誕生会などを楽しんだ後、お母さんと一緒にひな人形作りをし、表情豊かなかわいいひな人形を作りました。
 子どもたちは作ったひな人形を首から下げ、全員で「うれしいひなまつり」の歌を歌いました。間もなく“うれしいひなまつり”ですね。


 【福島順一 広報まちかど特派員】

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 市長室 秘書広報課 広報戦略担当
電話番号:0467-70-5606
ファクス番号:0467-77-8477
E-mail:wm.705606@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。