メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 計画・政策 > 厚木基地 > トピックス > 空母艦載機部隊の移駐完了について(平成30年3月30日)

空母艦載機部隊の移駐完了について(平成30年3月30日)

 平成30年3月30日をもって、横須賀港を事実上の母港とする米空母ロナルド・レーガンの艦載機部隊が、岩国基地(山口県)への移駐を完了しました。移駐完了により、今後の空母艦載機部隊の運用拠点は厚木基地から岩国基地となります。
 
 移駐は日米両政府が2006年に合意した在日米軍再編の一環で、これにより約60機の艦載機と米軍関係者約3,800人が岩国基地へ移ります。
 
 空母入港中は、艦載機が厚木基地を拠点に外洋などで訓練飛行をするため頻繁に離発着を行うなど、市民生活に大きな影響を及ぼす騒音被害が発生していますが、移駐完了後の騒音状況について、防衛省南関東防衛局は「相当程度軽減する」としています。
 
 しかし、引き続き、海上自衛隊の航空機及び米海軍のヘリコプター部隊等が厚木基地を使用し、今後も重要な施設であるとの認識を示しており、市では、今後の厚木基地の運用を注視し、必要な活動を行っていきます。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 市長室 基地対策課 基地対策担当
電話番号:0467-70-5604
ファクス番号:0467-70-5704
E-mail:wm.705604@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。