メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 平成30年度後期高齢者医療保険料決定通知書と納入通知書を送付します

平成30年度後期高齢者医療保険料決定通知書と納入通知書を送付します

後期高齢者医療制度の加入者全員に、平成30年度後期高齢者医療保険料額決定通知書と納入通知書を7月中旬に送付します。

■保険料について

保険料額は、前年(平成29年1月〜12月)の所得に応じて「神奈川県後期高齢者医療広域連合」が決定します。

保険料額は2年間の医療に要する経費等を推計して2年ごとに見直しを行います。
平成30・31年度の均等割額は平成28・29年度の43,429円から41,600円に、所得割率は8.66%から8.25%に、限度額は57万円から62万円に改定されました。

項目 H30〜31(A) H28〜29(B) (A)-(B)
均等割額
(年額)
41,600円 43,429円 -1,829円
所得割率 8.25% 8.66% -0.41%
賦課限度額
(年額)
62万円 57万円 5万円

■保険料の算定方法

保険料額は、被保険者全員が均等に負担する「均等割額」と、被保険者の所得に応じて負担する「所得割額」の合計額となります。
計算は被保険者一人ひとり個人単位で行います。
保険料の算定方法は次のとおりです。

年間保険料額
(限度額62万円)
均等割額
41,600円
所得割額
(総所得金額等−33万円)
×
8.25%
所得割額は被保険者の前年の総所得金額等から基礎控除額(33万円)を控除した額に所得割率を乗じた額になります。

均等割額の軽減
同じ世帯の被保険者の方すべてと世帯主の前年の総所得金額等を合計した額が、次の表の基準以下となる方は、均等割額(41,600円)が軽減されます。
世帯の総所得金額等の基準(平成30年度) 軽減割合 軽減される額 軽減後の均等割額
33万円 8.5割 35,360円 6,240円
上記の世帯のうち、被保険者全員が年金収入80万円以下(その他の各種所得なし)の場合 9割 37,440円 4,160円
33万円+(27.5万円×当該世帯に属する被保険者の数) 5割 20,800円 20,800円
33万円+(50万円×当該世帯に属する被保険者の数) 2割 8,320円 33,280円

所得割額の軽減
平成29年度は保険料の賦課のもととなる所得金額(※)が58万円以下(年金収入のみの場合211万円以下)の方は、所得割額の2割が軽減となっていましたが、平成30年度から軽減はなくなりました。

被用者保険の被扶養者であった方の軽減
保険料は均等割額のみの負担となり、平成30年度の均等割額は5割です。
なお、平成29年度の均等割額の軽減割合は7割でした。平成31年度以降については、加入後2年間を経過する月までの期間に限り、軽減割合が5割になります。

■保険料の納付方法

保険料の納付方法は、原則特別徴収(年金からの差し引き)です。
ただし、次に該当する方は普通徴収(納入通知書または口座振替による納付方法)となります。
1.年金給付額が年額18万円未満
2.後期高齢者医療保険料と介護保険料の合計額が年金給付額の2分の1を超える
3.年度途中で後期高齢者医療の資格を取得(75歳になった方、転入された方 等)
4.特別徴収から口座振替に変更 等

なお、保険料の未納がない方は申し出により、支払い方法を口座振替に変更できます。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 福祉部 保険年金課 保険年金担当
電話番号:0467-70-5617
ファクス番号:0467-70-5701
E-mail:wm.705617@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。