メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 消防・救急 > 消防 > 火災の予防 > 飲食店等の消火器具設置義務強化のお知らせ

飲食店等の消火器具設置義務強化のお知らせ

2016年12月に発生した糸魚川市大規模火災を受けて、2019年10月1日から消防法施行令が改正され、飲食店等における消火器具の設置義務が強化されます。

対象となる飲食店

現在、飲食店等においては、延べ面積が150平方メートル以上のものに消火器具の設置が義務付けられていますが、今回の改正により、火の使用する設備又は器具を設けた飲食店等については、延べ面積にかかわらず、消火器具の設置が義務付けとなりました。

消防用設備等の点検・結果報告について

今回の改正により消火器具の設置が義務となった防火対象物については、6ヶ月ごとに点検し、1年に1回消防へ報告することが義務となりますのでご注意ください。

設置期限

2019年9月30日までに消火器具を設置してください。

消火器設置義務が免除となる場合

・調理過熱防止装置 
センサーが鍋底の温度を感知し、自動的に消火して油の発火を防ぎます。
・自動消火装置 
火災を自動的に感知し、消火薬剤を放出して火を消します。
・圧力感知安全装置等
火を使用する設備又は器具に危険な状態の発生を防止するとともに、発生時における被害を軽減する安全機能を有する装置。(具体的にはカセットコンロに設けられ、過熱によるカッセトボンベの圧力上昇を感知して自動的にボンベを外す装置。)

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市消防本部 予防課 審査担当
電話番号:0467-76-2165
ファクス番号:0467-77-9200
E-mail:wm.702165@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。