メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 計画・政策 > 行政改革 > 第4次綾瀬市行政改革大綱「経営戦略革新プラン2017」に基づく取り組み結果について

第4次綾瀬市行政改革大綱「経営戦略革新プラン2017」に基づく取り組み結果について

人口減少や少子高齢化が進む中で、市の行政経営をさらに推進し、行政サービスを持続するため、平成29年度から平成32年度(令和2年度)までの4年間を計画期間とした行政改革大綱「経営戦略革新プラン2017」を策定しています。

毎年度、大綱に基づく取り組み内容の結果を公表しています。
市の取り組みを御一読いただき、御意見、御感想を下記までお寄せください。
いただいた御意見等を参考としながら、更なる行政改革の推進を図ってまいります。

令和2年度の取り組み結果について

 令和2年度取り組み結果の概要は表のとおりです。
 公共施設への自動販売機設置による財源確保やICT機器導入時に専門的な見地から仕様等の見直しにより適切なシステム規模にしたことから調達金額が削減されたことなどにより、約1億2,706万円の効果額を実現しました。 
 取り組み結果の詳細については、ページ下段のPDFファイルを御確認ください。

ヒト(職員)
の改革
【取り組み内容】
ヒト(職員)の改革に関する実施計画書に基づく取り組みの実施
(例:新しい働き方の推進による時差勤務やフレックスタイム制勤務の実施、庶務事務システムやタブレット会議システム等ICTツールの活用 など)

【数値目標の達成状況】
時間外勤務時間数 42,753時間(目標値 40,840時間)
モノ(市有施設)
の改革
【取り組み内容】
・公共施設マネジメント推進本部・部会の開催や地域施設に関する地域説明会を実施し、「綾瀬市公共施設再編計画」を策定
・ネーミングライツ制度運用などによる公共施設を活用した財源確保
・公共施設への自動販売機設置による財源確保 など

【数値目標の達成状況】
―(数値目標の設定はありません)
カネ(財政)
の改革
【取り組み内容】
・新型コロナウイルス感染症の影響により、予算の確保が厳しい状況になることが懸念されたことから、事業の見直しを実施
・電力受給契約における電気料金の節減
・市未利用地の売り払いの促進による財源確保
・窓口番号表示モニター及び市庁舎総合案内掲示板の運用による市民サービスの向上と財源確保 など

【数値目標の達成状況】
経常収支比率 98.4%(目標値 93%以下)

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 経営企画部 企画課 政策経営担当
電話番号:0467-70-5635
ファクス番号:0467-70-5701
E-mail:wm.705635@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。