メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > わたしの提案・回答 > 合葬納骨壇について

合葬納骨壇について


提案内容



 現在単身の私は長年市内に住んでいますが、息子家族は他市に住んでいるため、自分の死後、合葬納骨壇を使用できないとのことで残念です。条件付きで使用できるようにしてください。

(平成30年5月収受)


市からの回答



 本市における、合葬納骨壇の使用者資格につきましては、市墓園条例により、「本市に引き続き1年以上住んでおり、かつ住民基本台帳に記載されている方で、遺骨を持っており、本市に墓地を所有していない方」となっております。
 この資格要件は、民営墓地、寺院墓地等の供給状況を配慮しながら、中・長期的な市営墓地の需要の見込みを立てた中で、数限られた墓地を、いかに市民の方々に有効に使用していただくかなどを考慮した上で定めているものです。
 したがいまして、御家族は他市にお住まいになられているということですので、残念ながら使用申請を行うことはできません。
 また、御提案の「本市における居住年数の条件を設定する」ことも、現在のところは考えておりませんので、御理解いただきますようお願いいたします。             
   
(平成30年6月回答、担当課:高齢介護課)

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 市民環境部 市民課 広聴相談担当
電話番号:0467-70-5605
ファクス番号:0467-70-5701
E-mail:wm.705605@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。