メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 計画・政策 > パブリックコメント > 意見募集 > 綾瀬市障がい児者支援基本構想(公設施設のあり方について)(案)に対する意見募集

綾瀬市障がい児者支援基本構想(公設施設のあり方について)(案)に対する意見募集

1 意見を募集する趣旨

 綾瀬市障がい児者支援基本構想(公設施設のあり方について)(案)を策定しましたので、市民からの意見を募集します。

2 綾瀬市障がい児者支援基本構想(公設施設のあり方について)(案)の概要

(1)障がい児者の課題と必要な取り組み
ア 市の障がい児の現状と課題
(ア) 障がい児の現状と施設サービスの状況
 障がい児の通所サービスは、保護者の療育に対する関心の高さや子どもの将来的な生活能力向上  のための訓練等の必要性から、利用者が毎年増加しています。
(イ) 児童発達支援センターの現状と課題
 子どもの障がいの状態及び発達の過程・特性等に十分配慮しながら、成長を支援できるよう児童発達支援事業、保育所等訪問支援事業及び障がい児の相談支援事業を通じた支援を行っています。 
 発達障がいなど近年における障がい児支援の多様なニーズから、療育における専門性の確保が求められています。
 また、障害の特性や程度により専門的な知識や経験を持つ者による療育支援が必要となっています。
イ 質の高い療育を目指した専門性の確保のために
 多様なニーズに対応できる体制を整備するために、療育の知識と経験を有する相談及び保育所等訪問支援による地域での療育支援のほか、質の高い療育の確保に向けた取り組みが必要となります。
ウ 市の障がい者の現状
(ア) 障がい者の現状と施設サービスの状況
 本市の障がい者は増加傾向にあり、特に障がい者の高齢化及び障がいの重度・重複化が進み、日中活動系、居住系サービスともに利用者は増加しています。
(イ) 障害者自立支援センターの現状と課題
 公設施設である障害者自立支援センター「ばらの里」及び「希望の家」は、日中活動系サービスの通所施設として生活介護と就労継続支援事業を実施する施設として設置し、指定管理者制度により運営しています。
 また、アンケート結果からは施設の老朽化や、「重症心身障害者や医療的ケアへの支援」の拡充を望む声もあります。
エ 障がい者の自立生活の支援のために
 本市における公設施設である障害者自立支援センター「ばらの里」及び「希望の家」が行う生活介護や就労支援の充実を図っていくことが求められており、社会参加の促進を進めるために必要な知識と経験を有する職員の支援体制を維持し、入浴やトイレ等の設備の充実や自立生活の支援の拡充が必要となります。

(2)課題解決のための将来構想
ア 必要な支援の実現に向けた課題の整理
 ライフステージに対応した乳幼児期から学齢期以降までの一貫性のある療育や就学後に中断しないための関係機関の連携、多様な障がい児への一人ひとりの療育ニーズにあった個別療育プログラム、地域社会で生活するための家族支援、保育所等訪問支援における専門職による地域での支援方法等の指導、教育機関や医療機関等との支援連携とこれらを実現するため施設の環境整備が充実すべき課題となっています。
 同様に障がい者の現状から見た課題から、重症心身障害者や医療的ケア者の実情や資源の把握、当事者本人や家族に対するライフステージに応じた支援、地域移行による各サービス事業所との連携、介護者に代わり相談対応できる支援体制の充実に加え、作業スペースなどの施設の環境整備も必要と考えます。
イ 基本方針
(ア)児童発達支援センター
 個々の障がい特性に応じ、様々なニーズに対応できる専門的療育支援体制づくりと、それを実現するための施設の拡充について、検討を進めます。
 そのためには療育を専門とする人員配置を常時可能とする社会福祉法人等への運営体制の移行などの検討とともに、民間のノウハウのさらなる活用を進め、療育体制の充実・強化を図ります。
(イ)障害者自立支援センター
 施設の老朽化や保護者が望む入浴サービスの提供や障がい者専用トイレの整備など重度障がい者の受入体制が整っていないことが課題であることから、施設自体の見直しについて検討します。
 また、現在の施設を活用しながら、利用者のニーズに応えるサービス提供を図り、運営することだけではなく、障がい者の自立や社会参加をさらに進めていくために、市内外の事業所の状況なども踏まえながら、ハード面とソフト面の両面での充実を図るため、社会福祉法人等のさらなる活用を進めます。

3 綾瀬市障がい児者支援基本構想(公設施設のあり方について)(案)の閲覧場所

(1) 市役所障がい福祉課(市役所1階)
(2) 市役所情報公開コーナー(市役所2階)
(3) 市役所行政資料コーナー(市役所1階)
(4) 市ホームページ
(5) 中央公民館、各地区センター(中村・早園・吉岡・綾南・北の台)
(6) 寺尾いずみ会館、南部ふれあい会館
(7) 保健福祉プラザ、綾北福祉会館
(8) もみの木園
(9) 障害者自立支援センターばらの里、希望の家

4 意見募集期間

平成31年2月21日(木曜日)から平成31年3月22日(金曜日)まで

5 ご意見を提出できる方

(1) 市内に住所を有する方
(2) 市内に事務所又は事業所を有する方
(3) 市内に存する事務所又は事業所に勤務する方
(4) 市内に存する学校に在学する方
(5) 本市に対して納税義務を有する方

6 意見の提出方法

 次のいずれかの方法により、障がい福祉課まで御提出ください。
(1) 直接提出 綾瀬市役所福祉部障がい福祉課窓口(市役所1階)
(2) 郵送1 備え付けの返信用封筒で郵送
  郵送2 〒252-1192(住所不要)綾瀬市役所障がい福祉課宛(3月22日消印まで有効)
(3) ファックス 0467-70-5702 綾瀬市役所障がい福祉課宛
(4) 電子メール wm.705623@city.ayase.kanagawa.jp

7 意見提出様式

 意見提出様式は、閲覧場所に備え付けの様式を使用するか、又は市ホームページからダウンロードができます。
 また、任意の用紙によって御意見を提出することもできます。なお、この場合にあっては、「氏名」、「住所」、「電話番号(メールアドレス)」、「意見提出者の区分(市内在住、在勤、在学、事務所等を有するもの、納税義務を有するもの)」、「政策等の名称」、「意見」を御記入のうえ、提出してください。

8 意見の取扱い及び公表について

(1) 皆様からいただいた御意見は、内容ごとに整理を行い、その内容と意見に対する市の考え方について、障がい福祉課、行政資料コーナー、情報公開コーナーでの閲覧及び市ホームページへの掲載により公表します。
(2) 御意見に基づき修正を行ったときは、修正内容も公表します。
(3) 意見を提出された方の氏名、住所等は公表しません。
(4) 個々の御意見に対して、直接個別の回答はいたしませんので、御了承ください。
(5) 提出いただいた用紙、原稿等は返却できませんので、御了承ください。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 福祉部 障がい福祉課 障がい福祉担当
電話番号:0467-70-5623
ファクス番号:0467-70-5702
E-mail:wm.705623@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。