メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 事業者向け > 融資・補助金等 > 補助制度 > 外国人技能実習生入国時防疫措置費用補助金※郵送での提出にご協力ください。

外国人技能実習生入国時防疫措置費用補助金※郵送での提出にご協力ください。

 新型コロナウイルス感染症の感染防止の観点から、市内企業が受入を予定していた外国人技能実習生の入国に際し、新たに発生した経費(防疫措置に基づく経費)の一部を支援することで、市内企業において、円滑な外国人技能実習生の受入れと経営の安定を図ることを目的としています。

補助対象要件

◆ 基準日
  令和2年6月18日(政府による追加的防疫措置を条件に外国との往来を可能にするスキームが試行された日)よりも前に外国人
 技能実習生の受入れのため、雇用契約を締結していること。

◆ 補助対象期間
  令和2年6月18日(木曜日)から令和3年6月30日(水曜日)まで
  上記の間で補助対象となる経費を負担している場合に申請が可能。

対象経費・補助率及び補助限度額

◆ 対象経費
  入国後、個別隔離に係る経費
  ⒈宿泊費(入国後、待機するホテル等の宿泊費用、1人15泊を上限)
  ⒉食費 (待機期間中の食費、1人45食分を上限)

◆ 補助率
  補助対象経費の4/5以内(消費税除く)

◆ 補助限度額
  1人あたり上限額8万円
  1事業者にあたり上限40万円(1事業者1回のみ)

申請期間

◆ 申請
  令和3年1月20日(水曜日)から令和3年7月30日(金曜日)まで

◆ 交付決定
  申請受理後、約1か月程度

対象となる事業者

次の要件を全て満たしていることが必要
 ⒈外国人技能実習生を受け入れる者
 ⒉防疫措置を条件に入国を再開することが公表された日以前に実習生と雇用契約を締結した者
 ⒊納期限の市税を完納している者
 ⒋綾瀬市暴力団排除条例の規定に該当しない者
 ⒌大企業でない者
 ⒍補助金の補助対象となる実習生について、過去に国又は県その他団体から同様の補助制度の適用を受けたことがない者
 ⒎日本語教育の推進に関する法律に規定する事業主の責務を理解し、雇用する外国人等及びその家族に対する日本語学習の機会の
  提供その他の日本語学習に関する支援に努める者
 ⒏平成27年に国連サミットで採決された「持続可能な開発目標」と、その普及促進に向けた神奈川県のSDGsパートナー制度を
  理解し、県制度の認定に向けた取り組みに努める者

申請書類

・補助金交付申請書       (第1号様式)
・技能実習生名簿        (第2号様式)
・誓約書兼同意書        (第3号様式)
・技能実習計画認定通知書の写し (補助対象となる実習生の技能実習計画認定通知の写し)
・出入国が分かる書類の写し   (在留カードの写しなど)
・市内に事業所を有する書類写し (登記事項証明書、会社案内などの写し)
・補助対象経費を証する書類の写し(見積書、領収書等の写し)

提出先等

◆ 提出方法
  新型コロナウイルス感染症予防のため、郵送での提出に御協力ください。

◆ 郵送の場合
  〒252-1192 綾瀬市早川550
  綾瀬市役所 工業振興企業誘致課

◆ 直接提出する場合
  平日午前8時30分から午後5時まで
  綾瀬市役所5階 産業振興部 工業振興企業誘致課に提出

◆ 制度に関する問い合わせ先
  綾瀬市 産業振興部 工業振興企業誘致課
  電 話:0467−70−5661
  メール:wm.705661@city.ayase.kanagawa.jp

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 産業振興部 工業振興企業誘致課 工業振興・企業誘致担当
電話番号:0467-70-5661
ファクス番号:0467-70-5703
E-mail:wm.705661@city.ayase.kanagawa.jp

その他のお問い合せ先

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。