メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 相談・広聴・人権・男女共同参画 > 人権・男女共同参画 > 性の多様性について

性の多様性について

社会には男性、女性のように明確にわけられるものだけでなく、さまざまな「性」があります。
性別などにとらわれることなく、一人一人の人権を尊重し合い、誰もが個性と能力を発揮し、多様性を認め合ってありのままに暮らせるよう、性の多様性について考えることから始めてみませんか。

性を構成する要素

 性は、4つの要素に分けて考えることができます。

 ・体の性(生物学的な性)
  体の特徴、性染色体などから客観的に決定される性。

 ・心の性(性自認)
  自分自身の性別をどのように捉えているかという自己意識。

 ・好きになる性(性的指向)
  恋愛感情がどの性別に向いているか。

 ・社会的な性(性表現)
  服装やしぐさ、言葉づかいなど、自分自身をどのように表現したいか。

 性のあり方(セクシュアリティ)は、これらの要素のさまざまな組み合わせでできているため、1つの基準で測れるもの
 ではありません。

多様な性を表す『LGBT(エル・ジー・ビー・ティー)』

 性的少数者(セクシャルマイノリティ)を表す言葉として、LGBTなどの言葉が使われることがあります。

 LGBTなどは、次の単語の頭文字を組み合わせたものです。
 LGBTだけでなく、LGBTQやLGBTs、多様な性を表す「SOGI(ソジ)」という言葉で表現することもあります。

  :「Lesbian(レズビアン)」…………………………… 女性同性愛者
  :「Gay(ゲイ)」……………………………………………… 男性同性愛者
  :「Bisexual(バイセクシュル)」…………………… 両性愛者
  :「Transgender(トランスジェンダー)」……… 身体と心の性が一致しない方など
  :「Questioning(クエスチョニング)」………… 性的指向や性自認がはっきりしない、決められないまたは
                                悩んでいる状況にある方

 ある民間企業の調査では、日本のLGBT層は、左利きの人とほぼ同じ割合である約9%の割合で存在するとされています。

セクシャルマイノリティの方が抱える悩み

 さまざまな困難や悩みを抱え、誰にも打ち明けられず苦しみ傷つけられている場合があります。

 ・周囲の理解不足
 ・服装やしぐさなどの見た目への偏見
 ・セクシャルマイノリティへの思い込み
   
 もし、相談されたときは、落ち着いて話を聞くことが大事です。
 相談された場合は、秘密を打ち明けてくれた方の意思を尊重するためにも、周りの人に話すことはやめましょう。

一人で悩まず相談してください

 全国の法務局・地方法務局では、電話やインターネットなどで相談を行っています。
 一人で悩んでいる時には、相談してみてください。

 <みんなの人権110番(法務省)>
 電話:0570−003−110
 時間:平日の8時30分から17時15分(施設点検日・年末年始を除く)
 
 <インターネット人権相談窓口(法務省)>
 URL:http://www.jinken.go.jp/

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 市民環境部 市民課 広聴相談担当
電話番号:0467-70-5605
ファクス番号:0467-70-5701
E-mail:wm.705605@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。