男女共同参画

更新日:2023年02月01日

ページID : 10302

1 男女共同参画社会とは

 男女平等はすでに進んでいるのではないかと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに内閣府の調査でも「男性は外で仕事」「女性は家事」をすべきという考えの人は少なくなっていることが分かっています。
 しかし「男だから、女だから○○すべき」と性別による考え方やイメージは誰もが無意識のうちに持っているのではないでしょうか。しかし、人にはそれぞれ個性や適性があり、性別によるイメージは当然のことながら全員に当てはまるものではありません。
 決めつけや思い込みによらず、一人一人の個性や能力が十分に発揮できる社会が男女共同参画社会なのです。

2 男女共同参画社会基本法

 男女共同参画社会とは男女がお互いを尊重し合い、職場、学校、地域など社会のあらゆる分野で、性別にかかわらず個性と能力を十分に発揮し、喜びや責任を分かち合うことができる社会のことを指します。その実現に向けて、平成11年6月23日に『男女共同参画社会基本法』が公布・施行されました。

男女共同参画社会を実現するための5つの柱

  1.  男女の人権の尊重
  2.  社会における制度又は慣行についての配慮
  3.  政策等の立案及び決定への共同参画
  4.  家庭生活における活動と他の活動の両立
  5.  国際的協調

この記事に関するお問い合わせ先

綾瀬市役所 市民環境部 市民活動推進課 市民共創・多文化共生担当
電話番号:0467-70-5640(市民共創)、 0467-70-5657(多文化共生)
ファクス番号:0467-70-5701

お問い合わせフォーム(市民共創)
お問い合わせフォーム(多文化共生)
綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。
ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。
いただきましたご意見に対する回答はできません。
個人情報やメールアドレスは記入しないようお願いいたします。
市政に対するご意見など回答を希望される場合は、「この記事に関するお問い合わせ先」からメールでお送りください。