メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 計画・政策 > 厚木基地 > 航空機騒音問題 > 騒音問題

騒音問題

騒音の状況

 綾瀬市における騒音問題は、昭和30年頃から米海軍や海兵隊所属のジェット機が厚木基地に飛来するようになったことから始まり、昭和48年、米空母ミッドウェーが横須賀港へ入港以来、艦載機が厚木基地へ飛来するようになり、騒音被害は市内全域に及ぶようになりました。
 厚木基地へ飛来するジェット機の多くは、横須賀港を事実上の母港とする米空母ロナルド・レーガンの艦載機でした。空母入港中は、この艦載機が厚木基地を拠点に外洋などで訓練飛行をするため頻繁に離発着を行うほか、空母出港前にFCLP(陸上空母着陸訓練)が行われるため、市民生活に大きな影響を及ぼす騒音被害が発生していました。
 この艦載機部隊は、平成30年3月30日をもって岩国基地(山口県)へ移駐しました。
 移駐完了後の騒音状況について、防衛省南関東防衛局は、「相当程度軽減する」としていますが、米海軍から「厚木基地は今後も重要な施設である」との認識が示されていることもあり、市では引き続き厚木基地の運用を注視しています。

騒音測定結果

 A地点  寺尾台三丁目(寺尾いずみ会館)
         滑走路中心から北西約3キロメートル
 B地点  上土棚北二丁目(個人宅)
         滑走路南端から南約1.8キロメートル
  *測定回数とは、70デシベル以上の騒音が5秒以上継続した数


区分 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度 令和2年度 令和3年度
A地点 年間測定回数 12,871 13,557 11,791 10,428 11,641 9,848 8,412 7,535 7,507 8,715
年間最高音
(デシベル)
112.2 107.9 110.1 108.2 105.4 106.6 102.3 102.5 99.8 103.9
1日平均回数 35.3 37.1 32.3 28.6 31.9 27.0 23.0 20.6 20.6 23.9
B地点 年間測定回数 16,789 17,520 15,337 15,142 16,463 12,827 10,336 9,676 9,651 10,843
年間最高音
(デシベル)
114.9 116.7 112.9 113.6 114.8 115.0 111.5 113.1 102.6 110.7
1日平均回数 46.0 48.0 42.0 41.5 45.1 35.1 28.3 26.4 26.4 29.7
年間苦情件数 1,744 1,116 1,052 708 652 850 255 287 363 281

騒音苦情の受付

※ 騒音苦情の受付は、市役所のほか次の機関でも受け付けています

苦情受付先 電話番号
防衛省南関東防衛局 045-211-7129
防衛省南関東防衛局(夜間及び休日) 045-211-7386
防衛省南関東防衛局座間防衛事務所 046-261-4332
防衛省 03-3268-3111
外務省 03-3580-3311
米海軍厚木航空施設広報部 0467-78-2664
海上自衛隊厚木航空基地 0467-78-8611
市では、航空機騒音苦情受付フォームを設けています。リンクからご利用ください。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 市長室 基地政策課 基地政策担当
電話番号:0467-70-5604
ファクス番号:0467-70-5704
E-mail:wm.705604@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。