メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 消防・救急 > 消防 > 火災の予防 > 火災予防について

火災予防について

 令和元年中に市内では、24件の火災が発生しました。前年の28件と比較すると4件減少となり、火災種別として一番多かった建物火災については14件と前年の19件と比較すると5件減少となりました。

 全国の総出火件数をみてみると、令和元年の1月から12月までの1年間で37,538件の火災が発生しました。これは、おおよそ1日あたり103件、14分ごとに1件の火災が発生したことになります。
 総出火件数を火災原因別にみると、『たばこ』が一番多く、続いて『たき火』、『こんろ』の順となっています。
 
 火災の多くは、ちょっとした不注意や不始末、油断などから発生しています。
 普段からの心がけで、火災につながる危険を少しでも排除し「火災のない安全で安心したまちづくり」に御協力をお願いいたします。

強風時における火災の予防

 風が強い日や乾燥注意報などが発令された時は、火災が発生しやすくなりますので、火の取り扱いには十分注意してください。(風の強い時は、野焼きなどはやめましょう)

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市消防本部 予防課 検査指導担当
電話番号:0467-76-2166
ファクス番号:0467-77-9200
E-mail:wm.702166@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。