メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 福祉・高齢者 > 高齢者福祉 >  高齢者の安心な生活のための支援(1)

高齢者の安心な生活のための支援(1)

給付サービスや貸与サービスなど

紙おむつの給付

市内在宅の65才以上の方で、下記のいずれかに該当する方に月額2,500円以内に相当する枚数の紙おむつを2ヵ月に一度給付しています。

1.介護保険による要介護度が3以上の方
2.認定調査の障害者の日常生活自立度が日常生活自立度「B1」以上の方
3.認定調査の高齢者の日常生活自立度が「3a」以上の方

※ 特定施設入居者生活介護のないサービス付き高齢者住宅居住者は、対象になります。

寝具乾燥・丸洗いサービス


在宅の65歳以上の方で、介護保険による要介護度が4か5または、65歳以上の高齢者のみの世帯(ひとり暮らし高齢者含む)で世帯全員の介護認定調査の結果が日常生活自立度「A」以上か「2」以上の方に、年間10回以内の乾燥サービスと年間2回以内の丸洗いサービスをしています。丸洗いサービスは、所得に応じて下表のとおり利用者負担があります。

※ 特定施設入居者生活介護のないサービス付き高齢者住宅居住者は、対象になります。

利用者負担額
種類 市民税課税世帯 市民税非課税世帯
掛布団 300円 150円
敷布団 300円 150円
マットレス 100円 50円
毛布 100円 50円
20円 10円

緊急通報システム事業


市内在住で固定電話回線をお持ちの方のうち、世帯員全員が次のいずれかに該当する方に緊急通報機器を貸与しています。

1.75歳以上の方
2.要介護2以上の65歳以上の方
3.身体障害者手帳1級または2級をお持ちの方
4.見守りが必要な慢性疾患等をお持ちの65歳以上の方

緊急通報システムは、住民税課税状況に応じて次のとおり月々の利用者負担があります。

生活保護世帯等  0円
住民税非課税世帯 250円
住民税課税世帯  500円

※ サービス付き高齢者向け住宅居住者は、施設に見守りサービスがあることから、対象になりません。

はいかい高齢者位置探索サービス


認知症等により、はいかい傾向のある65歳以上の高齢者を在宅で介護する市内在住の方に、GPS携帯端末を貸与しています。はいかい高齢者にGPS端末を持ってもらうことで、その方の位置がすぐに確認できます。所得に応じて下表のとおり利用者負担があります。

※ サービス付き高齢者向け住宅居住者は、施設に見守りサービスがあることから、対象になりません。

利用者負担額
世帯の区分 加入料金 付属品代金 基本料金(月額) 位置情報
提供料金
現場急行料金
生活保護世帯 市の負担 市の負担 市の負担 利用者の負担 利用者の負担
生計中心者が
市民税費非課税世帯
1,250円(税抜き)
利用者の負担
市の負担 市の負担 利用者の負担 利用者の負担
生計中心者が
市民税課税世帯
2,500円(税抜き)
利用者の負担
市の負担 市の負担 利用者の負担 利用者の負担

※1 位置情報提供料金:パソコン・携帯での位置情報提供については、毎月10回までは無料。
   11回目以降は、1回100円(税抜き)。オペレーションセンターへの電話での位置情報提供は1回200円(税抜き)。
※2 現場急行料金:1回10,000円(税抜き)
(1時間まで。超過した場合は、1時間毎に10,000円が加算)

慰労金・給付金に関する事業

家族介護慰労金


市内に1年以上住み、介護保険による要介護度が4か5に継続して1年以上該当する方と同一世帯で、在宅において1年以上介護している市民税非課税世帯の方に年額3万円(介護保険のサービスを利用していない場合は、年額10万円)の慰労金を支給しています。
 

在日外国人高齢者・障害者等福祉給付金


昭和61年3月31日以前から日本国内に居住している方、又は本市の被措置者のうち、公的年金の受給資格要件を制度上満たすことができない方で、さらに一定の条件を満たす在日外国人の方に対して、福祉給付金を支給しています。

ひとり暮らし高齢者の方を対象とした事業

シニアあったか相談


平日月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時まで、65歳以上のひとり暮らし高齢者を対象に相談窓口を開設しています。
高齢者の方が安心して生活できるよう、相談員が相談に応じます。保健福祉プラザまでおいでいただくことが困難な場合には、相談員がご自宅を訪問することも可能です。事前予約制となりますので、地域包括ケア推進課までご連絡ください。
また、相談員がひとり暮らし高齢者宅を定期的に巡回訪問をし、安否確認も行っています。


地域見守りネットワーク


 「ポストに新聞や郵便物が通常考えられる以上にたまっている」など、日常業務の際に訪問する世帯や経路上の高齢者等について、異変を察知した場合には市へ通報してもらえるよう複数の事業者と協定を締結しています。
 通報を受けた市では、孤立死や身体状況等の悪化の恐れがある高齢者等を支援、措置につなげていきます。見守りの対象地域は市内全域で、協定先事業者に対して、市から住民登録の状況などの個人情報を一切提供していないため、通報の対象も基本的に全世帯となります。


救急医療情報キットの配付


65歳以上のひとり暮らし高齢者の方に、救急医療情報キットを配付します。
高齢者の安全・安心を確保するため、医療情報などを入れた容器を冷蔵庫に保管しておくことで、万一の救急時に備えます。持病や服薬等の医療情報を確認することで適切で迅速な処置が行えるとともに、緊急連絡先の把握により親族などの早い協力が得られます。


Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 福祉部 地域包括ケア推進課 地域包括担当
電話番号:0467-77-1116
ファクス番号:0467-77-1134
E-mail:wm.705633@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。