メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 観光・イベント・ロケ・文化・国際化 > 文化 > あやせの文化財 > 文化財防火デー

文化財防火デー

後世に伝える貴重な文化財を大切にしましょう。

文化財防火デーとは

 昭和24年1月26日に奈良県法隆寺金堂からの出火により国宝の壁画が焼損したことから、貴重な文化財を守ろうと、昭和30年に1月26日が「文化財防火デー」として制定されました。

消防署と連携した訓練を実施

 市では、県及び市指定文化財を火災、震災その他の災害から守るため、毎年1月26日の文化財防火デーに合わせて、防火指導や消防用設備点検等を実施しています。
 第64回文化財防火デーに伴い、平成30年1月25日(木曜日)13時から熊野社(上土棚中5-11-18)で消防訓練を実施しました。
 熊野社の本殿・拝殿及び棟札4枚と絵馬8点は市指定文化財です。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市教育委員会 教育部 生涯学習課 市史文化財担当
電話番号:0467-70-5637
ファクス番号:0467-70-5703
E-mail:wm.705637@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。