メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 子ども > 子どもとひとり親家庭の福祉 > 寡婦(夫)控除のみなし適用の実施

寡婦(夫)控除のみなし適用の実施

 未婚で20歳未満の子を養育するひとり親家庭を対象に、寡婦(夫)控除のみなし適用を実施しています。
 これは、福祉等のサービスを利用する場合に、寡婦(夫)控除のみなし適用の申請に基づき、配偶者と死別・離婚等をした方に適用される税法上の寡婦(夫)控除があるものとみなして所得を計算して、利用者負担額の算定等を行うものです。

対象者

所得を計算する対象となる年の12月31日及び申請時点において、次の1〜3のいずれかに該当する方です。

1 婚姻によらず母となり、婚姻歴がなく、20歳未満の税法上扶養する子(合計所得金額が38万円以下)、又は生計を一にする20
歳未満の子(総所得金額等が38万円以下で、他の人の生計同一配偶者や扶養親族となっていない場合に限る。)がいる、婚姻(
事実婚を含む。)していない方
2 1のうち、20歳未満の税法上扶養する子がいる場合に該当し、母の合計所得金額が500万円以下である方【特別寡婦控除の対
象】
3 婚姻によらず父となり、婚姻歴がなく、生計を一にする20歳未満の子(総所得金額等が38万円以下で、他の人の生計同一配偶者
や扶養親族となっていない場合に限る。)がいる、婚姻(事実婚を含む。)していない方。ただし、父の合計所得金額が、500万
円以下に限る。

※注 税法上の寡婦(夫)控除を受けている方は対象外です。
※注 「所得を計算する対象となる年の12月31日」は、対象事業により異なります。

控除額

税法上の寡婦(夫)控除の額に準じます。
 ※住民税に基づき算定する事業においては、合計所得金額が125万円以下の方は、非課税の扱いとなります。

寡婦(夫)控除のみなし適用を行う場合の控除額
対象者 控除の区分 合計所得金額 住民税の控除額 所得税の控除額
寡婦控除 制限なし 26万円 27万円
特別寡婦控除 500万円以下 30万円 35万円
寡夫控除 500万円以下 26万円 27万円

適用開始時期

平成28年1月1日から

対象事業と申請窓口

対象事業、各事業の申請窓口は、下記の「対象事業及び申請窓口一覧」をご参照ください。

申請方法

利用する対象事業の申請窓口で申請してください。

申請に必要なもの

1 申請書(第1号様式) 
  ※申請書は申請窓口でも用意しています。
2 未婚の母又は未婚の父及び子の戸籍謄本(戸籍全部事項証明書を含む)
  ※有効期間内の児童扶養手当証書の写しでも代用可能です。
3 住民票(世帯全員、省略なし)
4 印鑑(朱肉使用のもの)
※2、3は、発行後3か月以内のもの
※このほか必要に応じて、みなし適用に必要な書類の提出を求める場合があります。

注意事項

1 生活保護を受給している方や非課税世帯の方等は、みなし適用をしても利用者負担額等が変わらない場合があります。対象事業
ごとに要件等が異なるため、事前に利用を予定している対象事業の担当課に確認してください。
2 本申請は、みなし適用の認定のための手続ですので、対象事業の利用に当たっては、別途対象事業の利用に伴う手続が必要で
す。
3 各対象事業を継続的に利用している場合は、対象事業ごとの更新時期にみなし適用申請書を提出してください。
4 寡婦(夫)控除のみなし適用を行っても、所得の状況等により、利用者負担額等が変わらない場合があります。
5 みなし適用は、対象事業の利用者負担額の算定等にのみ用いるものであり、税法上の控除を受けることはできません。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 健康こども部 こども未来課 子育て支援担当
電話番号:0467-70-5664
ファクス番号:0467-70-5701
E-mail:wm.705664@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。