メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 健康・医療 > 感染症対策 > 麻しん(はしか)の患者数が急増中です

麻しん(はしか)の患者数が急増中です

平成30年3月に沖縄県内で旅行客が麻しん(はしか)と診断され、麻しんにかかった方と接触した方や同じ施設を利用した方を中心に、麻しん患者の発生の報告が相次いでいます。

麻しんは、麻しんウイルスに感染することによってかかる病気です。感染力が強く、発熱や全身の発疹が特徴の感染症で、毎年春から初夏にかけて報告数が増加します。

神奈川県内の麻しん患者発生状況や麻しんについてなど、神奈川県ホームページを参照ください。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 健康こども部 健康づくり推進課 健康づくり担当
電話番号:0467-77-1133(直通)
ファクス番号:0467-77-1134
E-mail:wm.771133@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。