メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 消防・救急 > 消防 > 火災の予防 > 違反対象物の公表制度

違反対象物の公表制度

●平成30年4月1日から違反対象物の公表制度が開始されました●

違反対象物の公表制度について

 建物の利用者自らが、その危険性に関する情報を入手し、建物を利用する際の選択・判断ができるよう、消防機関が立入検査で重大な消防法令違反を確認した場合、その違反内容等を市ホームページで公表する制度です。

公表の対象となる建物

 物品販売店、飲食店、ホテルなどの不特定多数の方が利用する建物や病院、社会福祉施設などの一人で避難が難しい方が利用する建物が対象となります。

公表の対象となる違反(重大な消防法令違反)

 設置義務のある建物で、下記に掲げる消防用設備の未設置による設置義務違反があるものが対象となります。
(1)屋内消火栓設備
(2)スプリンクラー設備
(3)自動火災報知設備

公表する内容

(1)建物の名称
(2)建物の所在地
(3)違反の内容

建物関係者の皆様へ

 次のような場合には重大な消防法令違反となる場合がありますので、事前に消防本部予防課にご相談ください。
(1)増築、改築及び隣接建物との接続を行う場合
(2)物品販売店、飲食店、福祉施設等の用途が新しく入居する場合
※疑問に思ったことが少しでもありましたら、ご相談ください。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市消防本部 予防課 審査担当
電話番号:0467-76-2165
ファクス番号:0467-77-9200
E-mail:wm.702165@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。