メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 生涯学習・スポーツ > スポーツ > 綾瀬市がSC相模原のホームタウンになりました

綾瀬市がSC相模原のホームタウンになりました

平成30年10月25日にJリーグから承認されました

 市と株式会社スポーツクラブ相模原は、10月25日にJリーグから、市がサッカークラブ「SC相模原」のホームタウンとなることを承認されました。
 SC相模原は、J3リーグに所属するサッカークラブで、ホームタウンとなる自治体は、相模原市、座間市に続いて3例目となります。
Jリーグでは、サッカークラブの本拠地を「ホームタウン」と呼んでいます。「Jリーグ規約」には、Jクラブはそれぞれのホームタウンにおいて、地域社会と一体となったクラブづくり(社会貢献活動を含む)を行い、サッカーをはじめとするスポーツの普及および振興に努めることと定義されています。
 SC相模原では、クラブ理念である「地域密着・社会貢献・青少年の育成」に基づいた活動として、平成26年より綾瀬スポーツ公園での小学生を対象とした、サッカー教室開催、全試合観戦無料パスの発行、選手の学校訪問等、スタジアム内外での活動を通じ交流を続けてきたことが評価され、今回のホームタウン承認につながりました。
 今後は、SC相模原のユニフォームに「綾瀬市」と表示し全国で市がPRされ、市のイベント等に選手が参加したりするなどして、連携を強化していきます。
 ホームタウンの承認を受けて、市長は、「SC相模原が夢を持った挑戦をし、勝利を見つめ、常に留まることなく成長をするサッカークラブを目指すという信念のもとに活動されておりますチームの皆様からの支援が、市民や特にこれからの次代を担う子どもたちに夢を与え成長をさせてくれることを期待しています。綾瀬市は、SC相模原を応援します。」と話しています。
 また、株式会社スポーツクラブ相模原代表取締役会長の望月重良さんは、「この度、綾瀬市からホームタウンとしてご支援をいただけることとなりました。ホームタウン承認にご協力いただきました関係者の皆様に深く御礼申し上げます。今後は各市町の皆様と一緒に地域活性化、青少年育成への貢献に向けて取り組んでまいります。」と話しています。

SC相模原が市長を表敬訪問

11月1日、サッカーJリーグチームのSC相模原の望月会長、小西社長、成岡選手、丹羽選手、広報担当のガミティが市長を表敬訪問し、綾瀬市がSC相模原のホームタウンとしてJリーグから承認されたことを報告しました。
 SC相模原からは、横断幕やチーム全員のサイン入りボールのプレゼントがあり、綾瀬市からはバナーを進呈し、歓談の中でお互いに連携していくという思いを深めました。その後、SC相模原の皆さんが職員へのあいさつにまわり、職員は温かい拍手を送るなど、激励しました。

綾瀬市民デーが開催されました

ホームタウン承認を記念して、SC相模原による綾瀬市民デーが平成30年12月2日(日)相模原ギオンスタジアムで開催されました。
当日は、川口能活選手の引退試合でもあったため、綾瀬市民を含め、約1万2千人もの方々が来場し、試合前の古塩市長の挨拶、SC相模原対鹿児島ユナイテッドFCの試合や、川口選手の引退セレモニーを観戦いたしました。
また、スタジアム外ではイベントブースにおいて、鈴保養鶏園から卵プリンやシフォンケーキ、あやせベリーガーデンからブルーベリークレープを販売し、綾瀬市のおいしい特産品をPRしました。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 健康こども部 スポーツ課 スポーツ推進担当
電話番号:0467-70-5656
ファクス番号:0467-70-5701
E-mail:wm.705656@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。