メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 子ども > 子どもの教育・相談 > 幼児期における非認知能力の向上

幼児期における非認知能力の向上

 乳幼児期は生涯にわたる人間形成の基礎を培う極めて重要な時期です。
 「生きる力」を育むための、他の人とうまく関わる力、目標に向かってがんばる力、感情をコントロールする力などを非認知能力と呼びますが、この能力を伸ばすために大切なことの一つは、乳幼児期の親との関わり方といわれています。

 市では、非認知能力育成の一助となるよう、講座の開催などに取り組んでいますが、この取り組みが、月刊誌「教育ジャーナル」に取り上げられました。
 1 子どもの非認知能力を育てる取り組み(1月号)[親子の対話の時間 1]
 2 子どもと自分自身のための愛のメッセージ(2月号)[親子の対話の時間 2]
 3 大好き・愛してると言われたら、うれしい(7月号)[成果]
 4 安心の環の中で子供の多様な能力を育む(9月号)[保育士研修]

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 健康こども部 こども未来課 子育て支援担当
電話番号:0467-70-5664
ファクス番号:0467-70-5701
E-mail:wm.705664@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。