メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 健康・医療 > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症について

首都圏を中心に感染拡大が続く中、4月7日(火曜)、国は緊急事態宣言を出し、緊急事態措置を実施すべき区域の1つに神奈川県を指定しました。
(令和2年4月8日現在)

イベントの中止・延期、施設の休館などはこちら

市民の皆様へ

○5月6日(水曜・振替休日)まで、生活のために必要な場合を除き、特に夜間の外出自粛を強く要請します。生活に必要な外出とは、食料や日用品の買い物、医療機関の受診、通勤などです。
○外出の際は「密閉」「密集」「密接」を避けて行動してください。
○食料や日用品など、生活に必要な物資が購入できなくなることはありませんので、必要以上の買いだめは控えてください。
○キャバレー、ナイトクラブ等の遊興施設、繁華街の接待を伴う飲食店等は、感染拡大の原因となる可能性がありますので、利用を自粛してください。
〇不要不急の帰省や旅行など、都道府県をまたいでの移動は極力避けてください。
〇新型コロナウイルス感染症への対応にあたっている医療機関や宿泊施設等の活動を全力で応援いただくとともに、スタッフやご家族等への誤解や偏見に基づく差別を行わないようお願いします。
〇感染症の患者やそのご家族等に対して、人権や個人情報の保護について、ご理解とご配慮をお願いします。

新型コロナウイルス感染症情報


 厚生労働省 新型コロナウイルス感染症情報のLINE公式アカウントが開設されております。新型コロナウイルスの発生状況や予防方法などの情報を確認することができます。

 神奈川県 新型コロナウイルス感染症対策サイトからは、県内の最新感染動向がわかります。また、LINE公式アカウントと友だちになると、一人ひとりに合わせた新型コロナ対策をLINEでデサポートしてくれます(新型コロナ対策パーソナルサポート)。

 健康への心配、売上げ減少への不安など、皆様の「困りごと、不安」に応じた、役立ち情報をわかりやすく見つけられるページが開設されました。以下の関連リンク「「困りごと、不安」に応じた関連情報」よりご確認ください。

一人ひとりができる新型コロナウイルス感染症対策

新型コロナウイルス感染症とは


発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ、重症化するリスクが高いと考えられます。
重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。
特にご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。

感染しないようにするためには


過剰に心配することなく、「手洗い」やマスクの着用を含む「咳エチケット」等の通常の感染症対策が重要です。
(1)手洗い
 ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗いましょう。
(2)普段の健康管理
 普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。
(3)適度な湿度を保つ
 空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適度な湿度(50%〜60%)を保ちましょう。

ほかの人にうつさないために
<咳エチケット>
くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれませんので、次のような咳エチケットを心がけましょう。
・マスクを着用します。
・ティッシュなどで鼻と口を覆います。
・とっさの時は、袖や上着の内側で覆います。
・周囲の人からなるべく離れます。

家庭で作れる消毒薬


家庭にある次亜塩素酸(漂白剤として販売されているハイター、ミルトン、ブリーチなど)製品で、簡単に消毒薬を作ることができます。
〇消毒液の作り方
500mLのペットボトル1本の水に、濃度5%の原液5mL(ペットボトルのキャップ1杯)を入れる。
<手指がよく触れる所の消毒に使います>
・調理器具、トイレのドアノブ、便座、床などを、希釈した次亜塩素酸ナトリウムに浸した使い捨て出来るキッチンペーパーなどで拭きましょう。金属はさびてしまう可能性があるため、消毒薬で拭いた後に水拭きを行いましょう。

〇消毒液を使用する際の注意点
・消毒する時は、十分に換気してください。
・希釈したものは時間が経つにつれて効果が減っていきます。1日で使い切るようにしましょう。
・手指の消毒には使用しないでください。
・誤飲しないよう、消毒薬と書いて保管しましょう。
・保管する際には、子供の手の届かないところに保管しましょう。

新型コロナウイルス感染症市民向け感染症予防ハンドブック


東北医科薬科大学病院感染症制御部・仙台東部地区感染対策チームが「新型コロナウイルス感染症市民向け感染症予防ハンドブック」を作成しました。
以下の関連リンク「新型コロナウイルス感染症市民向け感染症予防ハンドブック」よりご確認ください。

新型コロナウイルスに感染した患者発生状況(厚木保健福祉事務所管内で発生した場合の対応)

患者発生の公表は、保健所設置市については市名、県所管域については、保健福祉事務所管内として県が公表しています。綾瀬市は、厚木保健福祉事務所(厚木市・海老名市・座間市・大和市・綾瀬市・愛川町・清川村)です。

県内の発生状況や症状の経過などはこちら

<公表する情報について>
1.公表の目的
感染症による健康リスクが個人や社会に与える影響を最小限にするため、公表する必要がある。
当該情報の公表にあたっては、感染者等に対して不当な差別及び偏見が生じないように、個人情報の保護に留意しなけれなならない。
2.公表する情報
・感染症に関する基本的な情報(病原体の潜伏期間、感染経路、主な感染源)
・感染源との接触歴(渡航歴等)
・感染者の行動歴の情報
 他者に当該感染症を感染症を感染させる可能性がない時期の行動歴等については、公表する必要はない。
<濃厚接触者について>
 「患者(確定例)」の行動等を所在の保健所職員(県)が確認した上で濃厚接触者の範囲(発熱等の症状が発症した以降)を判断し、以下の方が健康観察対象となります。有症状時は検討し、検査対象となる場合もあります。
 ・「患者(確定例)」と同居あるいは長時間の接触があった者
  ※長時間の接触:密閉空間、人の密集、換気の状況等から判断
 ・適切な感染防護なしに診察、看護若しくは介護した者
 ・「患者(確定例)」の気道分泌液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い者
 ・手で触れることや対面で会話することが可能な距離(目安:2メートル)で必要な感染予防策なしで、「患者(確定例)」と接触があった者(症状等から感染状況を総合的に判断)など
 濃厚接触者と該当された方は、検査で陰性の場合も14日間の健康観察を行い、外出自粛を依頼します。

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安

1.相談・受診の前に心がけていただきたいこと

○発熱等の風邪症状が見られ るときは、 学校や会社を休み外出を控える。
○発熱等の風邪症状が見られたら、 毎日、体温を測定して記録しておく 。

2.帰国者・接触者相談センターに御相談いただく目安

(綾瀬市民の方:厚木保健福祉事務所大和センター 046-261-2948)
○以下のいずれかに該当する方は、帰国者・接触者相談センターに御相談ください。
・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方
○以下のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合には、帰国者・接触者相談センターに 御相談ください 。
・高齢者
・糖尿病、心不全、呼吸器疾患( COPD 等)の基礎疾患がある方 や透析を受けている方
・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
(妊婦の方へ)
妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターに御相談ください。
(お子様をお持ちの方へ)
小児については、 現時点 で 重症化しやすいとの報告はなく、 新型コロナウイルス感染症について は 、目安 どおりの対応をお願いします。
○ なお、 現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、 インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、 かかりつけ医等に御相談ください。

3.相談後、医療機関にかか るときのお願い

○帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することはお控えください。
○医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、 手洗いや 咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる) の 徹底 をお願いします。
〇公共交通機関の利用を避けて受診してください。

相談窓口 一覧

新型コロナウイルス感染症の疑いのある方についての電話相談

新型コロナウイルス感染症の疑い例について電話相談を受け、医療機関への受診を調整します。
「帰国者・接触者相談センター」
1.受付時間 平日のみ 8時30分から17時15分
2.電話番号 046-261-2948(厚木保健福祉事務所大和センター)

※3月1日9時より、24時間体制となりました。平日夜間(17時15分から翌朝8時30分まで)及び土日、祝日(24時間対応)は、045-285-1015(県庁内)まで、ご連絡ください。
・聴覚に障害のある方をはじめ、電話での御相談が難しい方に向けて、FAX(045−633−3770)でも受付け。

一般的な相談に対応するための専用ダイヤル

「神奈川県新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル」
1.電話番号 045-285-0536
2.受付時間 9時00分から21時00分まで(土日・祝日も実施)
※開設期間、受付時間は、相談件数などの状況に応じて検討します。

「厚生労働省の電話相談窓口」
1.電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)
2.受付時間 9時00分から21時00分(土日・祝日も実施)
・聴覚に障害のある方をはじめ、電話での御相談が難しい方に向けて、FAX(03−3595−2756)でも受付。

ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合

家庭内でご注意いただきたいこと 〜8つのポイント〜

1.部屋を分けましょう
2.感染者のお世話はできるだけ限られた方で。
3.マスクをつけましょう
4.こまめに手を洗いましょう
5.換気をしましょう
6.手で触れる共用部分を消毒しましょう
7.汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう
8.ゴミは密閉して捨てましょう
●ご本人は外出を避けてください。
●ご家族、同居されている方も熱を測るなど、健康観察をし、不要不急の外出は避け、特に咳や発熱などの症状があるときは、職場などに行かないでください。

(参考)「新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項(日本環境感染学会とりまとめ)」は、以下の関連リンクをご確認ください。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 健康こども部 健康づくり推進課 健康づくり担当
電話番号:0467-77-1133(直通)
ファクス番号:0467-77-1134
E-mail:wm.771133@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。