メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 事業者向け > 産業 > 市内事業者の皆様へ 新型コロナウイルス感染症の関連情報 > 【市内事業者の皆様へ】新型コロナウィルス感染拡大防止に向けたお願い(令和2年6月2日更新)

【市内事業者の皆様へ】新型コロナウィルス感染拡大防止に向けたお願い(令和2年6月2日更新)

1.市内事業所の皆様へのお願い

 厚生労働省は、職場における新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた取組について、従業員の方に発熱等の風邪症状が見られるときは、会社を休ませ、外出を控えるとともに、患者・感染者との接触機会を減らす観点から、時差出勤等の対応を要請しております。
 また、学校の臨時休業に伴い、休みが取りやすくなる環境の整備などについても要請がありましたので、併せて御協力をお願いいたします。

2.感染拡大防止等に向けた具体的な取り組みについて

 新型コロナウイルス感染症の大規模な感染拡大を防止するために、以下の内容及び関連ファイルに掲載してあります「感染拡大を防止するためのチェックリスト」をご活用ください。
 また、リーフレットも同様に掲載しております。事業所内に掲示するなどして、周知をしてください。

<職場内での感染防止策>
 (1) 職場内での感染防止行動の徹底(換気の徹底等)
    ※1時間に2回程度、窓を全開にして換気。
 (2) 物品・機器等(例︓電話、パソコン、フリーアドレスのデスク等)の共有物はこまめに消毒を実施する(1日2回)
 (3) 咳エチケットの徹底
 (4) 一般的な健康管理

※職場において、労働者の日々の健康状態の把握に配意すること。(例︓出勤前や出社時等に体温測定を行うなど風邪の症状含め体調を確認する等)
※手で触れる共有部分の消毒には、家庭用塩素系漂白剤希釈液で拭いた後、金属部が 錆びるため水拭きすることが有効です。次亜塩素酸ナトリウム(0.05%)の作り方: 500ミリリットルのペットボトル1本の水に原液5ミリリットル(ペットボトルのキャップ1杯)

3.風邪症状がある社員への対応について

 新型コロナウイルスに感染した場合、数日から14 日程度の潜伏期間を経て発症するため、発症初期の症状は、発熱、咳など普通の風邪と見分けが付きません。このため、発熱、咳などの風邪症状がみられる労働者については、新型コロナウイルスに感染している可能性を考えた労務管理して下さい。
 具体的には、次のような対応が考えられます。
・発熱、咳などの風邪症状がみられる労働者への出勤免除(テレワークの指示を含む)
を実施するとともに、その間の外出自粛を勧奨すること。
・風邪の症状が出現した労働者が医療機関を受診するため等やむを得ず外出する場合で
も、公共交通機関の利用は極力控えるよう注意喚起すること。

「新型コロナウイルス感染症についての相談の目安」
次の条件のいずれかに該当する場合には、最寄りの保健所などに設置される「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。
1 一般の方(2以外の方)
・労働者に息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合(解熱剤を飲み続けなければならないときを含む。)
・労働者に発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

2 妊娠中の方や高齢者をはじめ、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など)がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方

・発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

 センターで相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。相談後、医療機関にかかるときは、帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。
 受診後、感染あるいはその疑いと診断された場合は、職場にお知らせください。就業に関しては、医療機関の指示に従ってください。
 職場で新型コロナウイルス感染が疑われる者が発生した場合は、保健所がその陽性者本人に調査を行い、行動範囲を確認後、濃厚接触者であるかを判断します。ご自身や従業員が濃厚接触者と判断された場合は、従業員の居住する管轄の保健所から連絡が入りますので指示に従ってください。

4.STOP!熱中症クールワークキャンペーンについて

 職場における熱中症で亡くなる人は、毎年全国で10人以上にのぼり、4日以上仕事を休む人は、400人を超えています。
 厚生労働省では、労働災害防止団体などと連携して、令和2年5月〜9月に、「STOP!熱中症クールワークキャンペーン」を展開し、職場での熱中症予防のための重点的な取組を進めています。
 各事業場でも、事業者、労働者の皆さまご協力のもと、関連ファイルにあるリーフレット及びパンフレットを活用し、熱中症予防に取り組みましょう。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 産業振興部 工業振興企業誘致課 工業振興・企業誘致担当
電話番号:0467-70-5661
ファクス番号:0467-70-5703
E-mail:wm.705661@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。