メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 広報・情報公開 > あやせネットニュース > あやせネットニュース(令和2年分) > 令和2年4月9日発信

令和2年4月9日発信

【掲載情報】
・緊急事態宣言を受けての綾瀬市長メッセージ
・公共施設など臨時休館・イベントなどの見合せについて
・株式会社栄和産業が綾瀬市長を表敬訪問しました
・畑の中に花のじゅうたん

緊急事態宣言を受けての綾瀬市長メッセージ

 4月7日に発出された新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を受け、古塩市長がメッセージを発表しました。
 メッセージは、下の関連リンク「緊急事態宣言を受けての市長メッセージ」から確認することができます。

【危機管理課 危機管理担当 電話0467‐70‐5641】

公共施設など臨時休館・イベントなどの見合せについて

 4月7日に発出された新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を受け、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。
 同会議では、公共施設などやイベントについて、次のとおり対応することを決定しました。
 公共施設などの臨時休館とイベントなどの見合わせの最新情報は、適宜更新し、綾瀬市のホームページでお知らせします。ご理解とご協力をお願いします。

【公共施設などの臨時休館】
 現在、臨時休館している公共施設などは、原則として8月31日まで、臨時休館を延長します。
 ※状況に応じて、短縮する場合があります

【イベントなどの見合せ】
 8月31日までに開催を予定していた綾瀬市主催のイベントなどは、原則として中止・延期とします。

 【危機管理課 危機管理担当 電話0467‐70‐5641】

株式会社栄和産業が綾瀬市長を表敬訪問しました

 4月6日、令和元年度「新・ダイバーシティ経営企業100選」に選定された、綾瀬市内で金属加工業を営む株式会社栄和産業の代表取締役の伊藤正貴さんらが古塩市長を表敬訪問しました。
 「新・ダイバーシティ経営企業100選」は、経済産業省がダイバーシティの推進に取り組む企業のすそ野の拡大を目的に制定したものです。令和元年度は、応募総数105社のうち18社が選定されており、神奈川県内の企業での選定は同社のみです。
 同社は、障がいのある社員や外国人を含む、若手技術者の採用・育成により、技術伝承と人材確保を図り、多品種少量生産や業容の拡大を実現させたことが高い評価を受け選定されました。
 伊藤さんは、「コロナウイルスの影響を受け、大変厳しい状況の中、今回の受賞は一筋の光明であり、大変喜ばしく、今後もダイバーシティ経営を推進し、障がい者や外国人などが活躍できる環境を構築していきたい」と話しました。
 古塩市長は、「ダイバーシティ経営への取り組みが評価され、大企業と並び、さらには、神奈川県内で6社目となる受賞は名誉なことであり、これからもダイバーシティ経営の牽引企業として、さらなる発展を期待している」と同社への期待を話しました。

 【工業振興企業誘致課 工業振興・企業誘致担当 電話0467‐70‐5661】

畑の中に花のじゅうたん

 4月3日、目久尻川沿い小園橋近くの畑の中で、シバザクラがじゅうたんのように密生していました。
 白や桃色のかわいらしい小さな花びらのシバザクラには、「臆病な心」という花言葉があります。小さな花びらが群れて、奥ゆかしく咲く様子に由来すると言われているそうです。

 【高橋元 広報まちかど特派員】

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 市長室 秘書広報課 広報戦略担当
電話番号:0467-70-5606
ファクス番号:0467-77-8477
E-mail:wm.705606@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。