メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 消防 > 火災の予防 > 消毒用アルコールの安全な取扱いについて

消毒用アルコールの安全な取扱いについて

 新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、手指の消毒等のため、消毒用アルコールを使用する機会が増えています。
 濃度が一定以上の消毒用アルコールは消防法に定める危険物(第4類アルコール類)に該当し、火気により引火しやすく、発生する可燃性の蒸気は、空気より重く、低い所に滞留しやすいため、貯蔵、取扱いを行う際は注意が必要です。

消毒用アルコールを安全に取扱うために

1.消毒用アルコールを使用するときは、火気の近くで使用しないこと。
2.室内の消毒や容器の詰め替え等を行うときは、可燃性の蒸気が滞留するおそれがあるので、通
 気性が良い場所や、換気がされている場所等で行うこと。
3.みだりに可燃性の蒸気を発生させないため、密閉した室内で多量の消毒用アルコールの噴霧は
 避けること。
4.消毒用アルコールの容器を設置、保管する場所は、直射日光が当たる場所や高温となる場所は
 避けること。
5.消毒用アルコールの容器を落下させたり、衝撃を与える等の行為をしないこと。
6.消毒用アルコールを空の容器に詰め替える場合は、漏れ、あふれ、または飛散しないように注
 意するとともに、詰め替えた容器に消毒用アルコールである旨の表示や「火気厳禁」等の注意事
 項を記載すること。

80リットル以上のアルコール類を貯蔵、取扱う場合

 80リットル以上のアルコール類を貯蔵、取扱いする場合、その量に応じて消防法や火災予防条例の規定が適用され、法令上の手続きや一定の安全対策が必要となります。80リットル以上の貯蔵、取扱いを行う場合は、予防課までご相談ください。
 

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市消防本部 予防課 検査指導担当
電話番号:0467-76-2166
ファクス番号:0467-77-9200
E-mail:wm.702166@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。