メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 福祉・高齢者 > 障がい者福祉 > 福祉サービス・制度 > 自立支援医療(精神通院)受給者証の更新手続きについて

自立支援医療(精神通院)受給者証の更新手続きについて

新型コロナウイルス感染症の発生状況に伴い、令和2年4月30日に「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)施行規則の一部を改正する省令」が施行され、自立支援医療(精神通院)受給者証の有効期間を1年間延長することとなりました。

※新規申請・県外転入・変更申請(保険証の変更や指定医療機関の変更等)に関しては、通常通りの申請手続きが必要となります。郵送でのお手続きも可能です。

対象者

自立支援医療受給者証に記載されている有効期間が「令和2年5月から令和3年2月まで」の間に終了する者

※有効期限が令和2年3月から4月までの間に満了し、更新申請をしていない方についても、満了日を1年延長します。
 (お持ちの受給者証は、そのままご利用可能です。)


受給者証の取り扱い

有効期限が、令和2年5月から令和3年2月までの間に満了する方については、満了日を1年延長します。(お持ちの受給者証は、そのままご利用可能です。)

例)有効期限:令和2年6月30日の方→令和3年6月30日になります。
  次年度は、令和3年4月1日から同年6月30日までに更新手続きをしてください。

※現在、すでに更新申請をされている場合は、新しい受給者証を交付します。

診断書について

診断書が必要であった受給者、不要であった受給者ともに本来の診断書の提出から1年遅らせるという考え方で対応します。

例)令和2年3月31日に期限が満了する受給者について、同年4月1日以降の再認定の申請を予定していた場合
・本来診断書の提出が「必要」であった受給者
  →令和3年4月1日〜の申請時(次回)に提出
・本来診断書の提出が「不要」であった受給者
  →令和4年4月1日〜の申請時(次々回)に提出(次回の申請時の提出は、不要)

医療機関の皆さまへ

対象の受給者証の有効期間を読み替える形でのご対応をお願いいたします。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 福祉部 障がい福祉課 障がい福祉担当
電話番号:0467-70-5623
ファクス番号:0467-70-5702
E-mail:wm.705623@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。