メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 防犯・防災・交通安全・安全安心 > 防災 > 防災について > 新型コロナウイルス感染症を踏まえた災害時の避難について

新型コロナウイルス感染症を踏まえた災害時の避難について

 新型コロナウイルスの感染予防の観点から、大雨や台風などの風水害に備えた避難や、避難所での過ごし方について事前に考えておくことが大切です。
 大雨などのほか、突発的な地震災害など、いざというときに落ち着いた避難ができるように、各家庭で話し合いをしておきましょう。

避難とは安全な場所に逃げること

 市は、大雨や台風などの気象状況により、危険が迫ったときに、市民の皆さんに対して「避難」を呼びかけるとともに、「避難所」を開設します。
 避難とは、災害の危険がある所から安全な場所へ逃げることです。「避難=避難所へ行くこと」とは限りません。安全な場所であれば、自宅や親族・知人の家、宿泊施設などに避難することも考えられます。2階より高い階に避難する「垂直避難」や、事前に安全な場所への車両避難も有効です。
 周辺地域の危険については、3月に全戸配布している「防災ハザードマップ」で確認してください。(関連リンクにある「綾瀬市防災ハザードマップ」をクリックすると見られます。)

避難所での感染予防の注意点

 発熱やせき、だるさなどの症状が出ていないか確認し、症状がある場合には避難所の受付で申し出てください。必要に応じて、仕切られたスペースなどに避難してもらいます。

避難所に行く前
●周辺地域の危険を防災ハザードマップで調べる
●避難所に行く必要があるか調べる(避難所以外の避難先を用意する)
※自宅が安全な場合は、感染リスクを負ってまで避難所へ行く必要はありません。

避難所に行くとき
●飲食物など必要なものは自分で用意
●マスクなどを着用(マスクがなければ鼻と口をカバーできる大きさのタオル、手ぬぐいなど)
●症状の有無をチェック

避難所の中
●3つの密(密閉・密集・密接)を避ける
 1 できるだけ換気を心掛ける
 2 他人と2mほど距離をとる
 3 密接した状態での会話は避ける
●石けんでの手洗いを徹底する

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 市長室 危機管理課 危機管理担当
電話番号:0467-70-5641
ファクス番号:0467-70-5701
E-mail:wm.705641@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。