メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 広報・情報公開 > あやせネットニュース > あやせネットニュース(令和3年分) > 令和3年4月12日発信

令和3年4月12日発信

【掲載情報】
・東京2020オリンピック・パラリンピック聖火リレートーチを展示します(4月12日から13日まで)
・株式会社栄和産業が綾瀬市長を表敬訪問しました
・あやせ工場合同入社式・研修を開催しました

東京2020オリンピック・パラリンピック聖火リレートーチを展示します(4月12日から13日まで)

 4月12日(月曜日)から13日(火曜日)まで、綾瀬市役所1階市民ホールで、東京2020オリンピック・パラリンピック聖火リレートーチを展示します。
 聖火リレートーチの実物を綾瀬市で見ることができる貴重な機会です。展示を見る際は、感染対策を徹底した上で、楽しんでください。
 オリンピック聖火リレーは、3月25日に福島県をスタートし、神奈川県では、6月28日(月曜日)から30日(水曜日)まで行われます。

【期間】4月12日から13日までの8時30分から17時まで(13日は15時まで)

 【スポーツ課 スポーツ推進担当 電話0467-70-5656】

株式会社栄和産業が綾瀬市長を表敬訪問しました

 4月5日、綾瀬市役所で、株式会社栄和産業の代表取締役の伊藤正貴さんが、古塩市長を表敬訪問し、「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞において審査委員会特別賞を受賞したことを報告しました。
 「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞は、人を大切にする経営学会が2014年より行う顕彰制度で、「会社を経営する上で関係する『1従業員とその家族、2外注先・仕入先、3顧客、4地域社会、5株主』の5者を幸せにすることで、必然的に業績が上がるのではないか」という考えに基づき、そのような会社を増やしたいという思いから始まったものです。
 同社は、「ものづくりは『誠心 誠意 誠実』」を経営理念とし、理念実現のための基礎となる、従業員が個性を発揮できる職場環境の整備を進めるとともに、2014年より障がい者や女性、若い従業員も活躍できるダイバーシティ経営に取り組んでいることから、人を幸せにする経営を行う「日本でいちばん大切にしたい会社」として評価されました。
 古塩市長は「従業員の方にとって『自分の作っているものがどこで誰に使われている』と意識する事が自己肯定感につながる。多くの方が活躍できる会社として、これからも成長し続けてほしい」と話しました。

 【工業振興企業誘致課 工業振興・企業誘致担当 電話0467-70-5661】

あやせ工場合同入社式・研修を開催しました

 4月7日、綾瀬市役所で、綾瀬市・綾瀬市イノベーション推進委員会主催で「あやせ工場合同入社式」を開催しました。同式には、10社43人の新入社員と、綾瀬市商工会と綾瀬市が連携して取り組む外国人技能実習生受入事業により、1月に入国したベトナム人技能実習生7人が参加しました。
 司会は、昨年度、合同研修に参加した4期生である株式会社サーフ・エンジニアリングの根本優馬さんが務め、語学留学で培ったベトナム語を織り交ぜながら進行しました。
 同式では、あやせ工場の営業部長である古塩市長、同委員会の高崎委員長、同会の笠間会長からの激励のメッセージのほか、新入社員代表として株式会社ミズキの藤森秋穂さんによる宣誓、記念撮影を行いました。
 同式の後には、特別講演として、平成2年4月からNHK教育テレビ(現:Eテレ)「つくってあそぼ」に、わくわくさん役として出演していた久保田雅人さんが、工作を取り入れたオリジナリティのある講演を行いました。
 今後は、感染拡大防止措置を講じた上で、スポーツレクリエーション、ビジネスマナー研修のほか、製造現場で必要な知識を習得するための研修を実施していきます。

【主催者側のコメント】
・古塩市長は「まずは、よりよい人間関係を築く努力をしてほしい。そして、世の中の動きに目を向け、社会の一員として社会に参加し、自分自身でよく考えて行動してほしい。この2点を胸に刻み、業務に取り組んでください」と話しました。
・同委員会高崎委員長は「今は、緊張や不慣れな環境で大変だと感じることが多いと思うが、式に参加した同期と助け合いながら徐々に慣れてほしい。まずは、安全のために作業着等を正しく着用するなど、各企業にあるルールを守ることから始めてください。」と話しました。
・同会笠間会長は「式に参加した皆さんは、入社した企業は違いますが、同期の仲間です。困難なことや悩み事があれば、同期を頼りながら頑張ってください。同期会や会議などを開催する際には、ぜひ、市商工会のスペースを活用してください」と話しました。

【参加者のコメント】
・激励のことばから社会人として必要なことを学びました。
・企業の枠を超えた同期づくりのためにコミュニケーションを取ることが大切であり、そのためには自分から話しかける勇気が必要であり、それができれば自分自身の成長につながると感じました。

 【工業振興企業誘致課 工業振興・企業誘致担当 電話0467-70-5661】

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 市長室 秘書広報課 広報戦略担当
電話番号:0467-70-5606
ファクス番号:0467-77-8477
E-mail:wm.705606@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。