メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 市民向け > 健康・医療 > 予防接種 > 子宮頸がん予防のためのHPVワクチン予防接種について

子宮頸がん予防のためのHPVワクチン予防接種について

 子宮頸がん予防のためのHPV(ヒトパピローマウイルス感染症)ワクチンの定期接種は、令和4年4月より積極的な接種勧奨が再開されました。
 定期接種の対象となる方は公費で受けることができます。また、接種差し控え期間に接種機会を逃した方(キャッチアップ接種)も接種ができます。

HPVワクチンのこれまでの経緯

 HPVワクチンの予防接種は、H25年4月1日から定期接種として公費での接種が始まりましたが、接種後にワクチンと因果関係を否定できない副反応(持続的な疼痛等)が見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供できるまでの間は、定期接種を積極的に勧奨すべきでないという国の方針が出され、H25年6月14日付で、積極的な接種勧奨を差し控えることとされました。
 その後、国の審議会で繰り返し議論が続けられていましたが、HPVワクチンの安全性に懸念がなく、ワクチンの有効性が副反応を明らかに上回るとされ、令和3年11月26日付で、積極的な勧奨差し控えを終了し、令和4年4月より積極的な勧奨を再開していくこととされました。

 これまでの厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会の検討部会の資料は、下記厚生労働省ホームページ「予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会」から確認することができます。
 

HPVワクチンの接種を希望する方へ

 対象年齢で接種を希望する方はワクチンの接種を公費(無料)で受けることができます。対象年齢の方には、順次ご案内をお送りする予定です。

 接種をご希望される方は、ワクチン接種の有効性及びリスクを十分理解した上で、接種を受けるかどうするかご検討ください。詳しくは、下記厚生労働省ホームページ「ヒトパピローマウイルス感染症〜子宮頸がん(子宮けいがん)とHPVワクチン〜」をご覧ください。接種を希望される方は、併せてリーフレット「小学校6年〜高校1年相当女の子と保護者の方への大切なお知らせ」(概要版)をご覧ください。

子宮頸がんとヒトパピローマウイルス感染症(HPV)ワクチンについて

 子宮頸がんは、子宮頸部(子宮入り口)にできるがんで、20歳から30歳代で急増し、日本では、年間約11,000人の女性が発症し、毎年約2,900人が亡くなっています。子宮頸がんは、初期の段階では自覚症状がほとんどないため、しばしば発見が遅れてしまいます。がんが進行すると、不正出血や性交時の出血などがみられます。

 子宮頸がんの発生にはヒトパピローマウイルス(HPV)が深く関与しており、主に性的接触により、多くの女性が一生に一度は感染すると言われています。感染しても90%以上の場合、2年以内の場合ウイルスは自然に排除されるとされていますが、自然と排出されず、感染した状態が長期間続くと、がんになることがあると報告されています。
 HPVワクチンを接種することで、感染を防ぎ、子宮頸がんの原因の50~70%を予防することができると言われています。また、がんになる手前の状態(前がん病変)になるリスクも減少し、がんを予防する効果があることも分かっています。
 また、同時に20歳になったら、「子宮頸がん検診」を定期的に受けることで、がんになる過程の異常(異形成)やごく早期のがんを発見し、早期の治療につなげることができます。

HPVワクチンは2種類あります

 HPVワクチンは、2価ワクチン(サーバリックス)と4価ワクチン(ガーダシル)があります。決まった間隔をおいて、同じワクチンを3回接種します。ワクチンにより接種間隔が異なります。標準接種年齢は中学1年生です。
 なお、新型コロナワクチンの接種とは接種前及び接種後13日間間隔を空ける必要がありますのでご注意ください。

ワクチンの種類 接種回数 接種間隔 標準的な接種間隔
2価ワクチン   (サーバリックス) 3 1か月以上あけて2回目、1回目から5か月以上かつ2回目から2か月半以上あけて3回目 1回目から1ヵ月後に2回目、1回目から6ヵ月以上あけて3回目
4価ワクチン   (ガーダシル) 3 1か月以上あけて2回目、2回目から3か月以上あけて3回目 1回目から2ヵ月後に2回目、1回目から6ヵ月以上あけて3回目

ワクチン接種対象者

(1)定期接種対象者
小学校6年〜高校1年に相当する女性
(12歳となる日の属する年度の初日から、16歳となる日の属する年度の末日までの間にある女性)

(2)キャッチアップ対象者(積極的な勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方)
平成9年4月2日から平成18年4月1日までの間に生まれた女性で、過去に3回のHPVワクチンの接種が完了していない方(接種歴は公費・自費の接種の両方を含める)

「ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの接種を逃した方へ〜キャッチアップ接種のご案内〜(厚生労働省ホームページ)」をご覧ください。

※実施期間は、令和4年4月1日〜令和7年3月31日です。キャッチアップ接種期間中に定期接種に対象から新たに外れる平成18年度、19年度生まれの方についても、順次対象となります。

接種場所・実施方法

・接種場所は予防接種委託医療機関(子宮頸がんワクチン接種実施医療機関)で受けてください。

・持ち物は母子手帳・健康保険証です。予診票は委託医療機関にありますので、接種当日記入してください。担当課窓口でも配布しています。事前に必要な方は予診票を送付しますのでご連絡ください。

・接種は急な体調変化をきたす恐れもあるため、原則保護者同伴でお願いいたします。(18歳以下の方で保護者同伴ができない方は、実施医療機関又は健康づくり推進課までご相談ください。)
 

注意事項

・上腕三角筋部(肩の部位)への筋肉内注射です。他の皮下注射に比べて接種時の痛みが強い傾向にあります。このため、痛みや緊張により、接種直後に血管迷走神経反射が起こり、一時的に失神や立ちくらみが生じることがありますので、接種後30分程度は座わって安静にし体調を観察してください。

・HPVワクチンは3回接種しますが、1回目・2回目に気になる症状が現れた場合は、接種を止めることもできます。医師にご相談ください。

・このワクチン接種により、全ての子宮頸がんを予防することはできません。ワクチン接種後も、予防には早期発見が大切なため「子宮頸がん検診」を定期的に受診することが重要です。

ワクチン接種後の副反応や相談窓口について

 ワクチン接種後、多くの方に接種部位の痛み、発赤、腫脹などが出ることがあります。全身症状としては、発熱、発疹、関節痛、胃腸症状などがあります。心配な症状が出現した場合は、医療機関に受診してください。

「接種後に症状が生じた方に対する相談窓口」「予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関について」「HPVワクチンに関するQ&A」については、下記厚生労働省ホームページをご覧ください。

このページに関する問い合わせ先

綾瀬市役所 健康こども部 健康づくり推進課 健康づくり担当
電話番号:0467-77-1133(直通)
ファクス番号:0467-77-1134
E-mail:wm.771133@city.ayase.kanagawa.jp

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。

ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。

市政に対するご意見など回答を希望される場合は上記「このページへのお問い合わせ」内のメールアドレス宛にお送りください。