学校における働き方改革の取組みについて

更新日:2023年06月22日

ページID: 8649

 学校を取り巻く環境の複雑化・多様化に伴い学校の役割が拡大し、教員の長時間労働による精神的・身体的な負担が大きくなっている現状があります。子どもたちにきめ細やかな質の高い教育を提供するためには、教員がワーク・ライフ・バランスの取れた生活を送り、心身ともに充実しやりがいをもって職務に従事することが必要です。市では、次代を担う子どもたちへの豊かな学びと教育の充実のために、教員の負担軽減等に向けた「学校における働き方改革」の取組みを進めます。本件の取組み趣旨について、御理解、御協力をお願いします。

主な取組

学校閉庁日

夏季休業中に連続した休暇を取得できるよう環境を整えています。
令和5年度は8月9日(水曜日)から15日(火曜日)まで実施する予定です。転出入の手続きなどは学校閉庁日以外の日にお願いいたします。留守番電話設定となり不在メッセージが流れます。事故等での緊急を要する連絡以外は、設定時間外にお掛け直しください。

学校業務外の留守番電話

教職員の時間外業務等の負担軽減に取組んでいます。留守番電話設定時には不在メッセージが流れます。事故等での緊急を要する連絡以外は、設定時間外にお掛け直しください。

設定時間

  • 平日
    •  小学校 午後5時から翌日午前7時30分まで
    •  中学校 午後6時から翌日午前7時30分まで
  • 土曜日、日曜日、祝日、年末年始、学校閉庁日は終日
  • 長期休業期間(夏休み、冬休み、春休み)は、正規の勤務時間を除く時間帯
    •  小学校 午後4時55分から翌日午前8時25分まで
    •  中学校 午後4時50分から翌日午前8時20分まで

ストレスチェック制度の実施

教職員の心身の健康及び職場環境の改善等に努めています。

中学校部活動方針

部活動顧問の教員の負担軽減や人的支援などに努めています。

校務支援システム

教職員の負担軽減及び様々な校務管理等の効率化に努めています。

綾瀬市立学校の教育職員の業務量の管理に関する規則

令和3年4月に教員の勤務時間等の原則となる教員の業務量管理規則を施行し、働き方改革と併せて推進します。

綾瀬市立小・中学校における働き方改革に関する方針

令和3年4月に学校の働き方改革の方針を施行し、更なる学校業務の改善や職場環境の整備等に向けた取組みを推進します。

学校閉庁日や学校業務時間外の緊急連絡先

事故等で緊急に連絡を要する場合
 緊急時連絡先 市役所(代表)0467-77-1111
(注意)事故等の緊急時以外の連絡はお受けできません。留守番電話設定時間以外の時間帯にお掛け直しください。

その他

関連ファイル

この記事に関するお問い合わせ先

綾瀬市教育委員会 教育部 学校教育課 学務担当
電話番号:0467-70-5654
ファクス番号:0467-70-5705

お問い合わせフォーム
綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。
ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。
いただきましたご意見に対する回答はできません。
個人情報やメールアドレスは記入しないようお願いいたします。
市政に対するご意見など回答を希望される場合は、「この記事に関するお問い合わせ先」からメールでお送りください。