正しい手洗いとマスクのつけ方

更新日:2023年02月01日

ページID : 9528

感染症予防対策の基本は、手洗いやマスクの着用を含む咳エチケットです。
ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。
外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗いましょう。

正しい手洗い

  1. 流水で手を洗う
  2. せっけんを手に取り泡立てる
  3. 手のひら同士をこすり洗う
  4. 両手の甲をこすり洗う
  5. 指の間を洗う
  6. 親指と手のひらをねじり洗う
  7. 指先、つめの間を洗う
  8. 手首を洗う
  9. せっけんと汚れを洗い流す
  10. 清潔なタオルなどで手をふく

 石鹸をつかい、最低15秒以上かけて洗うようにしてください。
 特に指先、指の間、親指は洗い残しをしやすい場所です。

公開日 令和2年12月9日

正しいマスクのつけ方

  • 鼻と口をきちんとおおう
  • 顔にフィットするように調整する

 鼻の部分に隙間がなく、鼻から顎までしっかりとおおうようにしましょう。

公開日 令和2年12月9日

この記事に関するお問い合わせ先

綾瀬市役所 健康こども部 健康づくり推進課 健康・医療予防担当
電話番号:0467-77-1133
ファクス番号:0467-77-1134

お問い合わせフォーム

綾瀬市ホームページをより使いやすくするために、皆様の声をお聞かせください。
ご希望の情報はすぐに見つかりましたか?
このページの情報は見やすい(わかりやすい)ですか?
よろしければ、上記お答えに関して具体的な理由をご記入ください。
いただきましたご意見に対する回答はできません。
個人情報やメールアドレスは記入しないようお願いいたします。
市政に対するご意見など回答を希望される場合は、「この記事に関するお問い合わせ先」からメールでお送りください。